2015年9月30日 (水)

「サイエンス・アートの世界、実習講座。」参加者募集!

「科学する視点でイラストを描く」という体験レッスンに、あなたも参加してみませんか。

日程は、2015年11月14(土)と15(日)の丸二日間。場所は、「サイエンス・アゴラ2015」の会場のひとつ「東京国際交流館」です。

「サイエンス・アゴラ2015」のウェブサイトはこちら(↓)です。
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/

Banner_01


サイエンスに関わる人がアートを体験し、アートに関わる人がサイエンスを体験する機会は、日本ではほとんどありません。実際に手を動かし「サイエンティフィック・イラストレーション」を描くことによって「科学する心はアートする心」を感じてもらうこと。それがこのレッスンの狙いです。

昨年の「サイエンス・アゴラ2014」で好評をいただいき、今年も開催することになりました。

2014_11_08_0005d
(この写真は2014年度サイエンスアゴラでの様子です)

指導するのは、米国のサイエンティフィック・イラストレーション業界で30年、第一線で活躍してきたサイエンス・イラストレーター、奈良島知行です。受講生には、本格的に描いた経験がなくても描けるよう考案された、特別のメソッドが提供されます。

Molecular_cell_biology2e1990whfreem
(奈良島知行が描いた書籍カバー)

受講生は、講師からの個人指導を受けながらイラストレーションを実際に描きます。描き終えた後、他の受講生が描いたイラストをお互いに感想を言い合う場を設け、最後に、プロフェッショナルな視点からの総評を講師が行います。また、描くための基礎知識として集中講義も実施されます。

このレッスンは、トロント大学のデービッド・マゼルスキ準教授と奈良島知行によって日本での短期講習に向け再構成・開発された「集中プログラム」を基にしています。その「集中プログラム」は、東北大学の大隅典子先生や長神風二先生、アドビ社や多くの有志たちの尽力により実現したものです。日本で初めて開催されたのは2010年の夏。「サイエンス・イラストレーション・サマースクール」として東北大学で3日間に渡って実施されました。その後、京都大学や東京大学、筑波大学、名古屋大学、JSTなどからのご協力を得て、講習会や講演会という形で広がり続けています。

<1 プログラムの内容>
今回のレッスンは、その「集中プログラム」を2日間に凝縮したものです。プログラムは以下の3つで構成されています。

1 描画ワークショップ
サイエンティフィック・イラストレーションが何かを理解してもらうために最も重要なことは、理論より実践です。指導を受けながら実際に手を動かして描いていくと、初めて気がつくことがいかに多いことか。きっと驚くことでしょう。指導方法は、サイエンス・イラストレーションの基本である「オブザベーショナル・ドローイング」を使います。描画対象は頭骨を予定しています。作業は以下の通りです。

 1 描画ステップ1:グリッドの助けを借りて頭骨の輪郭を鉛筆で描く
 2 描画ステップ2:その輪郭をデッサン用紙に写し取る
 3 描画ステップ3:鉛筆で陰影をつける
 4 デッサンをPCに取り込む
 5 描画ステップ4:Photoshopの描画ツールで描き込む
 6 描画ステップ5:プリントアウトし修正を加え完成させる

2 総評と個別指導
各人が描いたイラストをどうすればサイエンティフィック・イラストレーションとして成立できるか、奈良島知行が総評と個別指導を行います。

3 集中講義
サイエンティフィック・イラストレーションを描くための基本となる、以下のような知識を講義で提供します。

・サイエンティフィック・イラストレーションとは何か
・なぜサイエンティフィック・イラストレーションが必要か
・優れたイラストレーションに求められる要素は何か
・サイエンティフィック・イラストレーションの現状と問題点
・サイエンティフィック・イラストレーションが今後果たす役割と可能性
・どうすればサイエンティフィック・イラストレーションを描けるか

<2 参加条件>
レッスンに参加できるのは、2日間のレッスンを通しで受講できる方に限られます。また、レッスンに際してノートパソコンを持参できることも必要です。なお、参加費として実費1000円をレッスン会場にて徴集させていただきます。

<3 参加申込方法>
参加を希望する場合は、事前申込をお願いしております。レッスン受付担当者(sciart@guell.co.jp)に必要事項(以下の<4 メールへ記入する内容>を参照)を記入のうえメールしてください。担当者がメールを受信しましたら、確認メールを返信いたします。

<4 メールへ記入する内容>
住所、氏名、年齢、性別、メールアドレス、電話番号、職業(学生・会社員・無職など)、所属(学校名・会社名など)。また、質問・ご希望がありましたら記入してください。

<5 参加申込期間>
申込期間は、2015年10月31日までです。なお、申込者が定員(20名)を若干超える場合は、定員を増やすなどの対応をいたしますが、大幅に超える場合は、ご希望に応えられない場合もあります。あらかじめご了承ください。

<6 持参品>
レッスンに際しては以下のものを持参してください。
・ノートパソコン(マウスまたはペンタブレット必須)
・USBメモリ
・鉛筆(シャープペンシルでも可。濃さはHBを基本)
・消しゴム

<7 レッスン概要まとめ>
名称:サイエンスアートの世界、実習講座。
場所:東京国際交流館プラザ平成 4階 会議室3
   サイエンス・アゴラ2015 F会場(Fb_518)
住所: 〒135-8630 東京都江東区青海2丁目2番地1号
交通:新交通ゆりかもめ 「船の科学館」駅東口より徒歩約3分
   東京臨海高速鉄道りんかい線 「東京テレポート」B出口より徒歩約15分
定員:20名
主催:Tane+1 LLC
共催:NPO法人サイエンス・イラストレター協会(申請中)
指導:奈良島知行(ほか指導員4名)
期間:2015年11月14日〜15日(2日間通しの集中レッスン)
日程:
 2015年11月14日(土)
 10:00 受付
 10:15 開始
 10:15〜10:30 挨拶 (15分):オリエンテーション
 10:30〜11:45 実習1(75分):下書き
 13:00〜13:15 講座1(15分):「描画テクニック」
 13:15〜14:45 実習2(90分):手描き清書
 15:00〜16:30 実習3(90分):デジタル化・ツール利用法実習
 16:30 終了
 17:30 懇親会(希望者のみ)
 2015年11月15日(日)
 10:00 受付
 10:15 開始
 10:15〜10:30 講座2(15分):「ツール利用法」
 10:30〜11:45 実習4(75分):PhotoShopによる描画
 13:00〜13:30 講座3(30分)「サイエンスアートの世界」
 13:30〜14:45 実習5(75分):描画仕上げ
 15:00〜16:15 実習6(75分):ディスカッション・講評
 16:15〜16:30 挨拶 (15分):総評
 16:30 終了
……(以上です)……

「サイエンス・アゴラ2015」での紹介文はこちら(↓)。
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/fb_518/
Banner_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

匂いの予感

Imgp0423997f2

---写真は二双式ヨット、「カタマラン」と呼ばれる。この型式のヨットは乗員室を広くとることができ、安定走行が可能で長期航行に適している。寝泊まりできる乗員数は左右二室各々二人、プラス一人用ベット計9名が最大人数。日本船籍では希有な遠洋航海カテゴリーに属する。これは世界に向け何時でも出港できる資格で日本ではものすごく少ない。日本沿海を帆走する場合20名乗船可能に付きサンセットパーテー等に最適。見た目よりかなり大きいし船酔いも少ない。---



バルセロナで出会った日本人ヨットマンが末期癌だと知ったのは、
出会った翌日、停泊中のヨットの上で乾杯したときだった。

地中海の紺碧の空。カヴァと潮の香り。
甘酸っぱい匂いだった気がする。
あれはもう三年半前、になるのか・・・。

彼は私と別れた直後、
バルセロナを出港し世界一周の旅へ出た。
そして洋上から何度も電話をかけてきた。

「ジブラルタル海峡って流れが速くてコワイくらいだよ」
「カナリア諸島に今上陸。懐かしい感じがするのが不思議」
「今何してると思う?大西洋横断レースに参加してんのよ」
「カリブ海にはすんごいヨットがいっぱい」
「もうすぐパナマ運河を渡るから、おいでよ」
「嵐にまきこ・・・ま・・れたみたい」
「浄水器が壊れたから次の停泊地に手配しといてお願い」
「ガラパゴスで待ってるからね」

なんだか分からぬ手配でてんやわんやしながら、
停泊地から送られてくるテキストと画像データを
私は彼のブログにアップし続けた。
いつまで続けられるか、とハラハラしながら。

「これから南太平洋へ向かいます」
「バリ島いいよお」
「ニュージーランドってすごいね」
「オーストラリアを北上しまーす」
「台風で動けないよ」
「やったよ。宮古島に着いたよ!」

着いたのか。良かった、ホントに良かった。
と灌漑に浸っていたら、間髪いれず、

「次は逆回りでスエズ運河抜けてバルセロナかな」

というメッセージが届いた。
こりねえなあ、大馬鹿もんがあ、と、言いつつ、
私は自宅でとっておきのシャンパンをあけた。

彼は居住地を鎌倉から宮古島に移す準備をしている。
「南方の人たちって、なんでみんないい加減なんだろ。
 もう、どんどん問題が出るわ出るわで大変なのよ」
と、泣きごとが続いていたんだけど、
こんなメッセージがつい先日届いた。

「川口さん、長崎っていいねえ。
 おくんち、すごいわ。蛇踊り(じゃおどり)を桟敷席で観たよ。
 文化の厚みが違う。そんなとこに川口さんいたんだね」

宮古島から沖縄、奄美大島、種子島と経由し、
長崎に一週間ほど停留し、五島列島から平戸、
唐津、壱岐、対馬と巡り、とって返して上五島の
隠れキリシタン教会を見て回りたい、なんて言ってたくせに、
一か月前から長崎にヨットを停泊中とのこと。

地元民でも蛇踊りを桟敷席で観ることほとんどできないのに、
また、何やら手を回してちゃっかり堪能したようだ。

心配をよそに彼はしっかり生きている。

ついさっき、あのバルセロナでの匂いが、突然、
私の鼻にもどってきて、戸惑った。

なぜだ?

とっさに、
奇跡的に生きながらえている彼の健康状態が気になった。

いやいや、
彼は今頃ちゃっかり、どこかの居酒屋で、
ガッハッハアと笑いながら、
友人たちと騒いでいるのかもしれぬ。
夜が明けたら連絡をしてみるかな・・・。


彼が三年半前にヨット上で語った言葉を思い出す。

「自分に正直になりなさい、川口さん。
 しがらみから自由になる勇気って大変だけど、
 一歩踏み出してしまえば、案外簡単なことだよ。
 最初はしんどい。ホントにしんどいけどね。
 人生は自分のものだから、何を気にしてるの。
 人生って誰のものでもない。あなたのものでしょ」

その半年後、私も大腸癌の手術を受け、
それから一年ほど抗がん剤治療などで悩まされたものの、
つい先日、担当医から「三年後の転移なし。よかったね。
次は一年後に会いましょう」なんてことになるとは、
一寸先は分かんないものだ。

あの匂いは、この世と彼岸をつなぐ匂いなのか。
あの匂いは、なぜ今また、ただよい始めているのか。
あの匂いが、今また何かを変える予感をさせる。

「覚悟しろ」

と誰かに言われている気がする。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

打撃練習

05

秋来たれる羽根木公園グラウンド。ゲームができるほどのメンバーは集まらず、しかたなく打撃練習のみとなった。

野球を観るのがおもしろいのは、ひいきチームが勝ち負けを決するゲームをやってくれるからだ。ゲームには、攻撃と守備を交代するという、日常生活ではありえないルールがある。3つ失敗すると攻撃と守備を交代し、そのチャンスを9回ずつ共有し、勝敗を決する。攻撃されっぱなし、守りっぱなし、ということはない。お互いが攻撃のチャンスを与えあう。攻撃と守備をお互いが同じ回数繰り返す。決められた縛りがあるから、自由と緊張感が産まれ、人は興奮する。野球を実際にやるのが面白いのは、自分がゲームの当事者であり、勝ち負けに酔い、チームメイトとの連帯感を分かち合えるからだ。

そんな興奮を期待するなら、打撃練習は、まったくつまらない、ただの運動に過ぎないように見える。しかし、実はそうではない。打席に立ち、姿勢を整え、ピッチャーが投げる球の軌道を見て、近づいてくる球をどの方向にどう打つかを瞬時に決め、バットを振り、球に当たる瞬間を見極め、打球を目で追う。何度も何度もただひたすら打つ。ゲームの面白さはないが、世界に入り込むと時間を忘れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

Art Meets Science

「東北大学サイエンスイラストレーションサマースクール in Sendai」では、サマースクールの一環としてオープンパーティを企画しています。

「Art Meets Science」というタイトルが示すとおり、サマースクール参加者だけでなく、サイエンスとアートという日本では接点の薄い分野にいる人たちが、肩の力を抜いて集えるように開かれたオープンパーティです。また、パーティ会場として、宮城県知事公館という独特の雰囲気のある空間を、東北大学の長神氏の尽力により確保できましたので、日常から離れた新しい出会いが演出されるかもしれません。

公式ページ(http://science-in-society.blogspot.com/)で発表されているパーティの内容を、以下にご紹介いたします。

-------------------------------------------------------------
名称:Art Meets Science
日程:8月20日18:30-20:30
会場:宮城県知事公館(http://www.pref.miyagi.jp/hisyo/hisyo_page_6.htm
会費:3,000円 (イラストレーションスクールの受講生の方には割引があります)
定員:50人
(参加自由ですが、満員の際は御断りすることがあります。事前に、御名前・御連絡先を御一報頂くことをお勧めします。お車での御来場の際は必ず、御一報下さい。連絡先: sci_art@sendaibrain.org )
構成: ショートプレゼンテーションと立食パーティー 
ショートプレゼンテーションは、1人5分程度のライトニングトーク形式
演者10人程度(招待+公募)
招待スピーカー: David Mazierski, 奈良島知行ほか

公募) 氏名、御職業、演題と数百字程度の概要を、下記連絡先までお送り下さい。
  sci_art@sendaibrain.org

<8/10現在、相当数の応募があるので、間もなく締切ます。>
1) 理系研究者・大学院生から、御自身の研究概要とそのビジュアライゼーション(概念図、表なども含みます)を交えて語って頂ける方を求めます。
2) アーティスト、イラストレーターなどから、特にサイエンスをテーマにした作品の紹介や、その作品ができるまでについて、語って頂ける方を求めます。
3) 理系研究者・大学院生/アーティスト・イラストレーター/サイエンスコミュニケーターなどの方々から、サイエンスを視覚化したり、形にすることで、伝えあうことについて、理念・実践のどちらかあるいは双方から語って頂ける方を求めます。

会場では、サイエンスイラストレーション作品を一部展示すると共に、動画上映も行います。

注) 会場の室内は土足厳禁ですので、スリッパをお持ち頂くことをお勧めします。

主催) 仙台ビジュアルアートxサイエンス プロジェクト
協力) 東北大学大学院医学系研究科サイエンスイラストレーション・サマースクールin Sendai 2010

<追記 8/11> プレゼンテーション予定者(敬称略)
 David Mazierski  (Univ of Tronto)
 Tomo Narashima (Tane+1, LLC)
 鶴巻風 (確認の上、追記します:サイエンスアーティストの方です)
 田中幹人 (早稲田大学サイエンスメディアセンター)
 瀬尾拡史 (東京大学:サイエンスCGのクリエイターの方です)
 田中佐代子(筑波大学)
 菅野康太 (東京大学)
 ほか

また、当日、韓国で公募されるサイエンスイラストレーションコンテスト(賞金があるらしいです)についても、紹介プレゼンが予定されています。
-------------------------------------------------------------

夏がすぎ去る前に、仙台で一夜を過ごしてみてはどうでしょう。

ちなみに仙台発新幹線最終便は、
はやて32号(21:26発、東京着23:08)、または
やまびこ70号(21:40発、東京着23:44)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

夏だから、サマースクール

20100628_poster_c_4

ニューヨークで活動している、友人のサイエンスイラストレーター、奈良島知行氏がこの数年に渡って日本でやってきた努力が、この夏、花開きます。

東北大学でサマースクール、筑波大学で国際フォーラムが開催されます。ここでは、東北大学で開催されるサマースクールだけご紹介します。事前申し込みが必要なんですが、残念ながら、申込は締め切られています。紹介が遅くて、ごめんなさい。

「サイエンスイラストレーションサマースクールin Sendai 2010」

と題したこの企画は、ワークショップを主体にした実習講座です。サイエンスイラストレーションを本格的に実践する日本初の試みとして注目されています。

開催期間は、2010年8月19日から21日までの3日間。正式なインフォメーションは「東北大学脳科学GCOE」の下記のサイトで広報されています。

 http://ja.sendaibrain.org/topicsDetails/sci_illust_2010/


この企画はもともと、「サイエンスアゴラ」を立ち上げた長神風二さんと奈良島さんとの密接な関係があり、長神氏の新しい勤務先となった東北大学脳科学GCOEの尽力により実現しました。

当初の予想に反し、定員の三倍以上の申し込みがあり、東北大学の事務局は嬉しい悲鳴をあげました。でも、参加者を絞り込むのに頭を悩ませたようです。

サイエンスイラストレーションは、サイエンスの内容や概念を効果的にイラストを用いて表現する手法で、特に北米では専門の大学院課程が存在するなど、確立した分野になっています。このサマースクールは、この分野のトップ校の一つ、カナダのトロント大がkからマゼルスキー准教授を迎えた、3日間のショートコースです。奈良島知行および私も含めたサポートスタッフが同席し、指導にあたります。

サイエンスイラストレーションの学部講座は、アメリカで100年、カナダで60年の歴史があります。日本でも科学の世界で、サイエンスコミュニケーションの一部として認識され始めているのですが、サイエンスとアートはまだまだ距離感があり、日本の大学では専門のプログラムがスタートするには至っていません。

最後に一言。

北米から講師を招聘する交渉やもろもろの費用は、ほとんどすべて奈良島氏がまかなっているという現状を、良しとしてはいかんでしょ。今回は、東北大学と筑波大学から日本国内での交通費と宿泊費を出してもらうことになったんですが、各大学とも、その予算確保にはすごく、すごく大変だった・・・。担当された先生方には本当に頭が下がります。

奈良島氏は数年前から、サイエンスイラストに関する日本でのイベントがあれば、なんとかせねばと手弁当で関わってきました。それは、なんとも不健全な状況なので、私としては、NPO法人化するなどして、彼の活動を国家的に支援する仕組みを作りたいと思ってます。

(参考)
GCOE(Global Center of Excellece)というのは、大学がグローバルな競争力を持つために、国家的戦略として確保された予算によって国際的に優秀な人材を集めようとする高等な大学院のことです。

(余談)
「納涼名選会 鈴本夏まつり」の最終日は仙台にいるため、恋ちゃんといっしょn行けません。鈴本演芸場に行けるのは中日あたりか、と。柳家権太楼やさん喬のいぶし銀の演目も楽しみですが、今年は喬太郎をみてみたいのに、実現できるんかいなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«ガウディカレンダー2011