« ディスコミュニケーション | トップページ | マルガリータが復活する日に… »

2004年10月 2日 (土)

あくまでも日本語で

■本日午前中、海の向こうでイチロー選手が84年ぶりに最多安打を更新。彼が一塁に駆け込んだ直後、監督がタイムを取って一塁に向かって走り出すと、チーム全員が駆け寄って行く。「ええ、そんなあ、試合中だというのにみんな何やってんですかあ」という表情をするイチロー。彼は少し泣いてましたね。■試合後のインタビューで、言葉の壁を超えた通じるものを感じた、とイチローは日本語で答えていた。■もう4年もアメリカにいて、英語がしゃべれないわけがない。■聴いて理解することはできても、英語で真意を伝えることができないなら、ちゃんと表現できる日本語で答える。流暢に外国語を話すことより、正確に伝えられる母国語をあくまでも選択した彼は、言葉づかいでも一流といえるのではないだろうか。

|

« ディスコミュニケーション | トップページ | マルガリータが復活する日に… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/1578548

この記事へのトラックバック一覧です: あくまでも日本語で:

« ディスコミュニケーション | トップページ | マルガリータが復活する日に… »