« 花粉症ビジネス | トップページ | 岬めぐり »

2005年4月 6日 (水)

大リーグは三番

■日本の野球では最強のバッターを四番にすえるが、大リーグでは違う。それぞれのチームのラインアップを見れば簡単に分かることだが、三番バッターに最強打者を置いている。野球のスタイルが日本とアメリカでは違うからだ。日本のマスコミって、なぜ四番、四番と騒ぐんだろう?
■ニューヨークヤンキースの開幕戦で松井選手が四番でなく五番を打ったことに対し、オープン戦で好調だったのに四番でないのは心外だ、みたいな報道がされていた。四番も五番も変わりはない。軸は三番なのだから。松井選手が三番に座ったとき、大々的に報道されるだろうか。
■日本には「四番神話」が根強くある。清原選手も巨人の四番打者であることにプライドをかけている。「である」ことに拘泥し始めると腐る。パイが小さい市場の性(さが)なのか。
■野球というワクワクするゲームは、日本とアメリカでは違うのだから、それぞれ別の楽しみ方をしたい。

|

« 花粉症ビジネス | トップページ | 岬めぐり »

コメント

お誕生日おめでとうございます♪
きのうtabutaさんから聞きました。
一年、良い年でありますように。

投稿: snowdrop | 2005年4月13日 (水) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/3585005

この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグは三番:

« 花粉症ビジネス | トップページ | 岬めぐり »