« 日本小股党って何さ? | トップページ | アソーレスの島々 »

2005年9月 9日 (金)

出不精は

■デブ症。

■今週は、ずっと外出していない。
■そのわけは、先週土曜日に出場した野球の試合で、ヒットを1本も打てず、いじけていたからではない。迫り来る締め切りに恐れをなし、書斎に引きこもって原稿を書いていたから、でもない。ちゃんとした自宅での食事に外食する気も起こらなかった、というわけでもない。気がつくと『相棒』の再放送が始まり、台風が来て『名探偵モンク』の最終回が終わり、そして台風が去り、週末になっていた、というだけの話だ。
■いや、実を言うと一度だけ外出した。それは、台風が去った夕刻。茜色(あかねいろ)に染まる西の空をきみも見ただろう。心洗われたはずだ。食事時にも関わらず、フィルムカメラを引っ張り出してシャッターを切った。

<窓から西の空を見る>
20050907_10c

<その二十分後…>
20050907_11c

■そして近くの『写真屋さん55』に走り、現像をお願いする。現像フィルムの受取証に打刻された時刻を見ると、弊店時間を10分ほど過ぎている。えっ?という顔をしたら、「今日は残業になるんで、大丈夫です。お待ちしてますから」と、なじみの店員が言うではないか。
■インターネットと電話とファクスがあれば、外出しなくても仕事は進められる。でも、やっぱり外に出て、人に触れないと、心までデブになってしまう気がした。

■ここにアップした写真はネガフィルムを自分でスキャンしたもの。フィルムスキャンするときの初期設定では、記憶に残っていた色と違っていたため、色調整をしながら取り込んでいる。■微妙な色を完璧に再現する撮影技術がないし、現像までのタイムラグに映像の記憶が追いつかないため、撮影結果をその場で確認しながら撮影できるデジタルカメラが、また欲しくなってきた。■とはいえ、現像までの時間の差を埋めるために、目の中に入ってくる映像を記憶に留めようと、以前にもましてじっと見つめる習慣ができたことは、フィルムカメラだけで撮影を始めた収穫といえる。デジタルカメラはほしいが、もうしばらく我慢しようと決めている。■それに、フィルムでなければ出せない色合いをやっと判別できるようになってきた気がする。デジタルとフィルムを意図して使い分けられるようになるといいのだが、その日はまだまだ先のようだ。

■友人たちからのコメントが入っていた。犬を飼うとイヤでも外出するようになりますよ、という愛犬と暮らすクラリス嬢。
■夏の暑さは危険!と心に弁解してるうちに心デブになり、先日デパートの催しで体脂肪をはかってもらったら25、内臓についた脂肪23→デブのレベルと言われショックだったというデブ症のT氏。
■同じく最近はほとんど外にでておらず、心も身体もデブというmura氏。(近いうちにボーリング対決しましょう。)
■かたや25キロの山歩きを楽しむマンボウ氏。(前に痛めたのは足首のアキレスだが、膝に負担がかかっているようでちょっと心配。無理しちゃだめでっせ。)
■見たままに写真を撮ることができたり、イメージのように光をコントロールするってのは、なかなか大変な技術。デジカメの利便さは、デジカメを知った上でそれを手放すからこそ改めて分かるものかもしれません。初心に戻って小さなコンパクトデジカメをぜひ、と薦めてくれるinoue氏。(ご指摘のように、次にデジタルを手にするときは、一眼レフだけでなくコンパクトカメラも同時に使い始めるつもりです。)

|

« 日本小股党って何さ? | トップページ | アソーレスの島々 »

コメント

空に未確認飛行物体を浮かべてみたいと思ってしまいました。
スイマセン(^^;)

投稿: てろっぷ | 2005年9月18日 (日) 11時48分

てろっぷさん、まさにそんな空の色かもしれませんね(笑)。年に何回かでしょうねえ、こんな空は。

投稿: kawa | 2005年9月19日 (月) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/5900034

この記事へのトラックバック一覧です: 出不精は:

« 日本小股党って何さ? | トップページ | アソーレスの島々 »