« 北川フラム | トップページ | 走り落ちる秋 »

2005年11月29日 (火)

妹の娘

 妹の娘が大学受験だという。推薦入学二次試験前日の月曜日、長崎から母親と連れ立って受験生が東京にやってきた。とにかく下見するべし、と、三人でモノレールと山手線を乗り継ぎ、秋葉原から筑波方面へ向かう。

 この大学出身者は何人か知っているが、みな破天荒な個性派ぞろい。どんな大学に通うとああなるのか、と、以前から興味はあった。本日、初めて訪問し、いやいや、驚きましたぞ。なんとも、とんでもなくだだっ広く、整然としたたたずまいじゃあ~りませんか。ウムム、すきがない。
 なぜ奴らのような人材が、ここから輩出されたのか考えるのは、ちょっと先延べにした。一筋縄ではいかぬ、と分かったからだ。

 秋の紅葉真っ盛りにて、イチョウやモミジの色鮮やかなり。落ち葉踏みしめキャンパスを散策す。そこかしこにちと無駄ありいい感じ。ああ、娘の未来、どうなることやら…。

|

« 北川フラム | トップページ | 走り落ちる秋 »

コメント

わたしの高校のクラスメートも
数人が筑波方面の大学に行きましたが、
いい意味で個性派ぞろいでした。大学に行く前から。
行ってますますのびのび生き生きしていたようです。
みんな大学生活が充実してそうで、
楽しそうだったのがすごく印象的。

筑波は万博以来行ってないけど、
あんまりかわってないんだろーなー。
道路脇に「ガマの油」の旗がたくさん立ってたような…

投稿: クミ | 2005年11月29日 (火) 20時42分

クミちゃん、西高だったっけ?
もしそうなら、彼女の先輩。

筑波の洗礼を受けたのは、前の会社にお勤めしてたとき。
入社してきた長い髪をまっ黄色に染めた女性ライターの言動すさまじく、
なんとも不可解で面白く、おおこれがかのツクバ色なのかと…。

そのときの刷り込み果てしなく強く、しかし、
その色はいまだ修正されることなく持続しております。

投稿: kawa | 2005年11月30日 (水) 02時34分

筑波方面といえば、wさんもそうですねえ。わたしの筑波方面刷り込みは、wさんからです。あの方も、破天荒。にして、常識人。にして、とにかく魅力のかたまり。

投稿: negi | 2005年11月30日 (水) 12時51分

そうでしたか。わたしも西高です。
卒業したのは、かなり昔ですが〜ははは

筑波に行ったのはクラスで3人だったような…
みんなとっても明るくていい子でした。

投稿: クミ | 2005年11月30日 (水) 13時53分

negiさん、wさんは来春、母校で講演をするそうでっせ。

クミちゃん、やっぱり先輩なんや。本人はひねりに少し弱いところがあるみたいだけど、まっすぐな子なんで、どこに行ってもやってけそうな気がしてます。ああ、若いっていいなあ~。

投稿: kawa | 2005年11月30日 (水) 15時57分

なぜ、いま、つくばなのか?
つくばの魅力は、もはや幻想ではないのか?
そう思っていたところ、
演劇部の先輩たちの息子や娘が、
母校を受ける時代になり、
なぜ、そんなに親の母校を受けたいのかと問うと、
楽しそうだからと答えた。
まあ、確かに、あなた達の親御さんは卒業後も毎年欠かさず新年会をやっているけれど、そんな人達ばかりではないぞ。
と思うのだが、この子供たちもまた、楽しそうに学生生活を過ごしているらしい。
あの大学は楽しかったのか。他の大学を知らないので、比較は出来ないけれど、あのころなりには楽しかった。コンビニもホカ弁も大学4年生までなかったけれど、時給450円でバイトしていたけれど、楽しかった。
しかも、他に世界がない。東京の大学なれば、大学以外の場所で知り合うだろうし、サークルも大学の枠を超えているものもあるだろう(スーフリとか)。しかし、あの大学は他の大学の人と知り合うことが極端に少なかった。必然的に同じ大学の他学部の学生というのが新鮮な出会いになる。それが楽しかった。
世間が狭いというのは、意外に楽しいものです。しかも、つきあいが濃密にならざるを得ない。それが独特な感覚をつくるのかもしれません。
そんなことを忘れていました。今思い出すまで。

投稿: 若だんな | 2005年12月 1日 (木) 21時34分

若だんな、来ましたね!
 いつか来るんじゃないか、と思ってましたよ(笑)。世代がひとつ入れ替わる、そんな長い時間が経過したんだなあ、と読んでて感慨に浸ってしまいました。
 つくば出身者たちに共通する秘密が少し分かった気がします。世代が替わって選ばれるってすごいな、つくばって。

投稿: kawa | 2005年12月 2日 (金) 03時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/7371215

この記事へのトラックバック一覧です: 妹の娘:

« 北川フラム | トップページ | 走り落ちる秋 »