« 月満ちて頭丸める | トップページ | ルナティックな日 »

2005年11月16日 (水)

ルナティックな早朝

IMG_20051116_006c IMG_20051116_065c

■東京の午前4時はまだ暗い。書斎に入り窓を少しだけ開けると、冷たい空気が流れ込んでくる。地熱は快晴の空高く放射し、冷えきった大地が秋の終わりを告げている。
■なぜか西の空がほんのり明るい。カーテンを引くと大輪の月が見えた。なぜ人は月に見惚れるのか。ビルの屋上に満月が落ちていくまで、じっと眺め、何をか考え、シャッターも何回か押した。
■午前4時35分に月が隠れると、しだいに空から明るみが消えていく。夜明けにはまだ時間があるようだ。

|

« 月満ちて頭丸める | トップページ | ルナティックな日 »

コメント

冷気の中の時間帯、気持ちよいですね。
私はほとんど、4時過ぎには起きています。ビル・エバンスのピアノが静かに流れる。
本を読み、新聞を読むと6時過ぎ。布団からは6時半頃離れる。
たぶん、kawaさんは床につく時間なんだろう。
いま、都内から自宅へ。歩きながら、月が満月で綺麗だな〜と感心していました。撮影しようかなと思ったら雲で見えません。残念!

投稿: マンボウ | 2005年11月16日 (水) 17時26分

マンボウどの
 相変わらず早起きですねえ。実は私もどっちかというと、最近は早起きなんですよ。たまに興が乗り、いつ間にか朝になってしまうときが週に一度あるかないか。朝までやると体力がド~ンと落ちて体調を崩しそうになるので、できるだけ早起きを心がけております。
 夕方、隅田川まで散歩に出て驚きましたよ。赤みを帯びた満月がちょうど東の空から昇ってくるところでした。今夜はちょっとルナティックな気分になっても仕方ないのかも、と思わせるほど妖艶な感じがしました。川べりの歩道に降りると、大潮のため水がかぶっているところがありました。
 これから三脚かついで撮影しに行ってこようかな…。

投稿: kawa | 2005年11月16日 (水) 18時54分

秋ということもあり、雨が降ったりもしたので、空気が澄んでいて、月の明かりではっきり陰ができるくらいの明るさですね。

Full MoonというNASAの月の写真集は大気圏外で撮影した月なので、恐ろしい程クリアで、鋭く、心が別次元へ裏返しされるような気持ちにさせられます。が、反面「大気が無いというのは情緒がない」ような気持ちにもさせられます。

私もここ数週間、ほぼ毎日「夜明け前」に起床し「日の出」を観賞してます。

投稿: dillo | 2005年11月16日 (水) 22時23分

dilloさん
 夜明け前に起床し、日の出を鑑賞する毎日って、
ひとつの理想かもしれませんね。
 うちの望遠レンズは200mmまでなので、
月を撮影するには、いまひとつ力不足。
フレームに入っている月は豆粒みたいに小さいです。
それでも、原寸まで引き伸ばせば、
月の模様くらいは見えますぜ。

投稿: kawa | 2005年11月17日 (木) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/7137560

この記事へのトラックバック一覧です: ルナティックな早朝:

« 月満ちて頭丸める | トップページ | ルナティックな日 »