« 月満ちる明日 | トップページ | 雪女だったのか? »

2006年1月15日 (日)

早起き?

20060115_008c2

■昨日の土曜日、東京には久しぶりに大雨が降った。深夜には雲間から満月が見えたというが、知らぬ。夕刻になり睡魔に襲われ眠ってしまったからだ。午前零時過ぎ、起床。これを「早起き」と言っていいものか? イラストレータA嬢は仕事でテンパッてるため零時起きのこともあるらしいが、こちらはさほど忙しいわけじゃない。
■早起きには三文の徳があるらしい。今朝七時前、いまにも姿を隠さんとする満月を西北西の空に見た。うっすらと地平線は赤く染まっていた。朝焼けというほどではない。少しずつ紺色に変わっていくさまを、月が落ちるまで眺めていた。
■日は確実に長くなっている。あけた窓から流れ込む冷気も我慢できぬほどではなくなってきた。春にはまだほど遠いが、寒い冬が終わるのは近い。記録破りの大雪に苦しめられている雪国では、春が待ち遠しいに違いない。とはいえ、こんな寒い冬なのに、季節が過ぎ去る寂しさを感じたりもする。春めく頃を、待ちこがれているくせに。

<EOS-5D ISO-100 200mm F/4 1/80秒 6:48a.m.>
 月の表情を残すため、写真は実際より少し暗めに撮影。

|

« 月満ちる明日 | トップページ | 雪女だったのか? »

コメント

風景を入れて月を撮るのって難しいよねぇ。
コントラストが全く違うからうっかり月は真っ白が多いです。
最近夜遅いので朝寝てるんですよねぇ。
なんとかしないとなぁ。

投稿: てろっぷ | 2006年1月15日 (日) 12時32分

「かあ」というカラスの澄んだ声が聞こえてきそうです。

投稿: かぶ吉 | 2006年1月15日 (日) 13時07分

てろっぷさん、いやホント、月と風景を撮るのは悩ましいことが多いですね。その分、バリエーションが多彩で楽しめるってことかな。それから、夜更かしでも規則正しい生活だったり、そのほうがストレスがないんだったら、そのままでいいんじゃない? あっしのように全く不規則であっても、自分で納得していれば悪くはないと思う。ただ、夜に熟睡して早起きすると、肌のハリが違うことも確かで、健康を考えれば規則正しい早寝早起きがベストでしょうね。

かぶ吉さん、人が動き出す前は、からすの鳴き声がビルの谷間にこだまします。邪魔者あつかいされることの多いからすですが、ギチッと固まって動かないコンクリートジャングル(死語?!)の中に、動く物が見え隠れしてくれるとホッとします。

投稿: kawa | 2006年1月16日 (月) 03時06分

朝焼けの紫色。本当に美しいですね。
そちらの『空気』が感じ取れるような気がします。う~ん。僕も少しは早起きせねば・・・

投稿: タム | 2006年1月18日 (水) 03時18分

タムさん、東京の冬空には雲があまり登場しません。大気にすっぽり包まれているような感覚をよく抱きます。人が動き出す前に起き出し、朝飯前に一番大事なことをやると、やり終えることができなくても、得をした気分になりますね。

投稿: kawa | 2006年1月19日 (木) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/8168115

この記事へのトラックバック一覧です: 早起き?:

« 月満ちる明日 | トップページ | 雪女だったのか? »