« つかの間の春 | トップページ | 時効警察 »

2006年2月19日 (日)

やられた…

 災難は忘れた頃にやってくる。

 メインで使っているパソコンが故障した。ハードディスクが回転していない。午前中までは問題なく使えていたパソコンだったのに、夕刻に電源を入れたら動かない。というか、音がしない。
 電源を入れた直後にF2キーを押し、表示されるメニューで確認すると、ハードディスクを認識していないことが判明した。アララ…。揺すったりさすったり、ひっくり返したり、ドライヤーで温めたり、Macに戻るのはもう少し後にするから、と語りかけたりしたが、やっぱりダメ。真っ黒な画面に次の英文が出るばかりなのだ。

 Operating System not found

 こりゃアカン。しかたない。というわけで、「VAIOカスタマーリンク修理窓口」に電話を入れた。土曜日の夕刻は混んでいないらしく、すぐに担当者が電話口に出てくれた。
 「どうされましたか?」
 丁寧で落ち着いた対応に感心す。かんで含めるような担当者の口調に、こちらも少しあわてた風に振るまう。トラブルシューティングの手順に従って、担当者は確認や操作指示を行う。問題を特定し終わると、予想通りの結果を通知した。
 「最短で来週月曜日に、宅配便がマシンを引き取りにうかがいます。集荷にご都合のいい時間帯は…」

 パソコンの修理が終わって戻ってくるのは週末あたりか。それが最も速い対応だというから仕方ないだろう。
 このパソコンは購入して一年未満。ユーザー登録もしているので、修理は無料なのだが、年が明けてデータのバックアップを取っていなかったことが悔やまれる。ハードディスクが交換されないまま、手元に戻ってくることを祈るばかりだ。ハードディスクが交換されるのも覚悟はしてるが、そうなると、少なからず面倒なことになるだろう。デジタルなんて信用できないから、バックアップをとるのは常識でしょ、なんて言う資格なしだ。
 「ついうっかり…」
 そのタイミングをねらってトラブルはやってくる。

 今回は、やられた。自分の不注意に、やられた。

|

« つかの間の春 | トップページ | 時効警察 »

コメント

ああ、私にも覚えがあります、
 Operating System not found
の文字。いくら再起動しても、そこから先に進んでくれない・・・。いろんな人に電話しまくり、コンピューターに頼りすぎの生活について嘆き、機械のやわさを怒り、メーカーの陰謀に違いないと大騒ぎをしたところ、
「ねえ、まさかと思うけど、フロッピー入れたままにしてない?」
と言われ、そういえば・・・と思い出したのでした。10年ほど前のハズカシイ思い出です。

大事に至らず早く治って戻ってくると良いですね。

投稿: Anko | 2006年2月19日 (日) 08時38分

保証期間が切れる10日前に壊れるとは、立派というか、何というか。
保証が切れてれば、蓋開けて何とかしちゃうのにねぇ。

サブのマシンは私が使用中だし、1週間パソコンなし?
アキバで中古のiBookでも探すかねぇ。

投稿: tabuta | 2006年2月19日 (日) 10時00分

あら〜。
私はサブサブに(まだ)つかっていたグエルさんから譲っていただいたVAIO(505SR)が不調で、中古のウインドウズデスクトップでいいからと物色中です。故障ってホントになんで今日?ってときに来ますね。

投稿: てろっぷ | 2006年2月19日 (日) 10時41分

大丈夫?
うちに使ってないノートならあるけどぉぉぉぉ・・・・。
友里が繋ぐのを面倒がってそのまままるっきり使ってないの。
ワープロ代わりくらいにしかならないかもだけど、必要なら貸し出しますぜ。

投稿: snowdrop | 2006年2月19日 (日) 13時00分

運が悪けりゃ電源ONにしたまま数日、ずっと叩かれ続けて、
電源落としても鞄に入れられて、自転車の前かごやあずさに揺られる、
当方の3年目のPowerBook。
書き手がボロボロになるのと同じくらいに、彼奴もボロボロのはず。
今、そっぽ向かれると、こちとら…
kawaさんマシンが、火急の原稿を抱えたままクラッシュしていないことをいのるだけ…
とはいえ、数ヶ月でも過去のデータが飛ぶのは痛い…

投稿: inoue | 2006年2月19日 (日) 18時06分

Ankoさん
そうですか、Ankoさんにも覚えがありましたか。
この英文は2度と見たくないですねえ。
修理担当者から真っ先にこう聞かれましたよ。
「CD-ROMドライブにディスクを入れていませんか?」
アッ、と一瞬期待したんですが、やっぱりダメでした。

tabuta君、snowdropさん
私が眠っている間に、
お二人の連携でパソコンが使えるようになっていたとは
知りませんでした。
このメッセージは、snowdropさんが夕方に届けてくれた
ノートパソコンで書いているんでありますよ。
いやあ、あっしは果報者です。ありがと。

てろっぷさん
あのVAIOは、長いこと可愛がられて幸せもんです。
ほんと、なんで今日なんや、という絶妙なタイミングで
トラブルがやってきます。
バックアップはこまめにやるしかないですね。

inoueさん
そちらのPower Bookもいつ壊れてもおかしくないですね。
でも3年耐えてきたんだったら、大丈夫じゃないですか。
現在、tabuta君が使っている小型のノートパソコンは
2年ちょっとカメラを接続したまま野外で使われたり、
ほとんど電源を切られることなく酷使されてるけど、
まったくの故障知らずですからね。
今回のトラブルは、大きな問題にはならないのでご心配なく。
トラブルは起こるべくして起こった気がします。
パソコンを復旧すること以上に、仕事のやり方や、
作業環境や動き回る場所を考え直すときかと…。

投稿: kawa | 2006年2月19日 (日) 21時21分

いえいえ、こちらこそご馳走様でしたm(__)m
逆にお高くついていまったのではないかと・・・おほほ(^_^;)

投稿: snowdrop | 2006年2月19日 (日) 23時32分

snowdropさん、あの店は以前から夜に
行きたかったところだったし、tabuta君に
とっても仕事を忘れる気晴らしになった
ようで、ちょうどよかったんです。

投稿: kawa | 2006年2月20日 (月) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/8731755

この記事へのトラックバック一覧です: やられた…:

« つかの間の春 | トップページ | 時効警察 »