« 名探偵モンク | トップページ | 偽ネコジャラシ »

2006年4月13日 (木)

初体験

 出版社から印税や制作費が振り込まれるのは、本が出版された月から一ヶ月か二ヵ月先になる。うちでは書きながらレイアウトするので、執筆が終わると印刷用データがほぼ出来上がり。そのデータを収めて納品(入校という)となる。入校してから本が出版されるまで一ヵ月近くかかるので、仕事が終わって入金されるまでの期間は、二ヶ月から三ヶ月先になる。執筆が始まってから入金まで半年、といったところか。
 月曜日に銀行へ行ったら、印税が振り込まれていた。とはいえ、該当する本はまだ出版されていない。出版される前に印税が振り込まれなんてことは、今回が初めての経験だ。
 それには事情がある。本のデータを入校したのは2月2日だったのだが、出版社側の事情で発売時期を調整する必要があったからなのだ。その出版社の社長が事情を説明にわざわざうちにやってきたほどだから、確かに特別の事情があった。というわけで、入校日から換算した日付で支払いの約束が月曜日に果たされたのだった。
 『あしたはプレゼン』という真っ赤な表紙の本が、今月末あたりから書店に並ぶ。同郷のイラストレーター蛭子さんのイラストがとぼけてていい感じ。

|

« 名探偵モンク | トップページ | 偽ネコジャラシ »

コメント

『あしたはプレゼン』・・・う~ん、ぐっすり眠れなくなりそうなタイトル・・・
今月末ですね、探してみます。

投稿: あーちゃん | 2006年4月13日 (木) 17時03分

あーちゃん、遅いレスですみませぬ。
あしたホントにプレゼンだとドキドキですよね。
そんなときにこの本を読むと、きっと、たぶん、
おそらく、ぐっすり眠れるはずです。

投稿: kawa | 2006年4月15日 (土) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/9563627

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験:

« 名探偵モンク | トップページ | 偽ネコジャラシ »