« 夕暮れの神楽坂 | トップページ | ウソツキ野郎 »

2006年11月 5日 (日)

まだ間に合う!

_mg_9875c1g

文化の日、装備を整え、渋谷から京王「井の頭線」の各駅停車に乗る。10分ほどで「東松原駅」に着く。11月だというのに、日差しが暑いほどだった。

駅の南口から小田急「梅が丘駅」方面へ5分ほど歩くと、住宅街に割って入ったような緑の丘が、突然目の前に現れる。「羽根木公園」だ。公園は東松原と梅が丘に挟まれ、東松原側は公園の裏手にあたり、入口は広くない。階段を登ると、すぐに散歩道へつながる。

少し歩いていると、散歩道の幅が広がり、息を弾ませて横を駆け抜けていく人たちもチラホラと増えてくる。野球場は公園のど真ん中に陣取っている。両端にホームベースが置かれ、A球場とB球場の2面ある。

この日は、B球場に集合。集まったのは、全員で十名。自軍を二つに分け、赤白戦をやるには少なすぎるので、練習となる。

草野球は「しまった!」の連続でできている。エラーを帳消しにするような素晴らしいプレーが生まれることもある。どちらにしても、何が起こるか分からない。そこが面白い。

そして、連続する「しまった!」を「楽しい」に変える魔法の言葉がある。ただ、その言葉は発する人により、楽しさを与える度合いが違ってくる。

「まだ間に合う!」

と、この日もグラウンドに声が飛んだ。

_mg_9875c2

|

« 夕暮れの神楽坂 | トップページ | ウソツキ野郎 »

コメント

そーだね〜、まったく同感!
あの「まだ間に合う!」には元気づけられるもんね。発する人のキャラクターや口調によっては、逆効果にもなりかねないんだけど、彼女の一声にはポジティブイメージだけが込められているような気がする。
こーゆーのって、やっぱり得難い才能なのかもしれないっす。

投稿: ヒゲナベ | 2006年11月 5日 (日) 21時58分

魔法のことば、「まだ間に合う!」、ゴルフでもつかえるかしらん。自分で自分にいってみよ。

投稿: いいちこ | 2006年11月 5日 (日) 23時33分

ヒゲナベさん、何回「まだ間に合う!」って声かけられたっけ(笑)。この日、ヒゲナベさんはなぜか狙い撃ちされ千本ノック状態で、守備機会が圧倒的に多かったから、しかたないけど。あのひと声がかかると、失敗しても、まだあきらめないぞ、次の球来い! って気持ちになるんだよねえ。不思議です。持って生まれた才能でしょう。

いいちこさん、ゴルフのことはよく分かりませんが、よりメンタルなスポーツだと聞いてます。野球よりゴルフのほうが、この言葉、効き目があるかもしれませんよ。

投稿: kawa | 2006年11月 6日 (月) 00時26分

花本さんと私、左右対称になってる!

投稿: しろくま | 2006年11月 6日 (月) 01時27分

しろくまどん、「類は朋を呼ぶ」っつうこってすね。

投稿: kawa | 2006年11月 6日 (月) 04時21分

えー!
なんと私の仕事場から徒歩4分の公園で行われてたんですね!
ああ!行きたかった!

投稿: dillo | 2006年11月 6日 (月) 22時07分

dilloさん
あらま。今期は寒くなってきたので、そろそろ終わりです。すみません。

投稿: kawa | 2006年11月 7日 (火) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/12560352

この記事へのトラックバック一覧です: まだ間に合う!:

« 夕暮れの神楽坂 | トップページ | ウソツキ野郎 »