« 区役所もうで | トップページ | 役所もうで(その2) »

2007年2月22日 (木)

アキバ「鳥つね」

夕刻、無性に親子丼を食べたくなり、秋葉原までタクる。お目当ては『鳥つね』。

秋葉原という地名の由来はどこからきてるのだろう。秋に美しい葉原(ハバラ)が広がる土地だったのか。しかし、葉原という言葉を私は使ったことがない。秋の紅葉が美しい原野だったのであれば、アキバのハラ、アキバハラと呼ばれてもおかしくない。

まあ、とにかく、アキバで旨い親子丼をいだだけるようになったことは、すごいこと。『鳥つね』の料理は文句なし。ただ、接客がいまいち。来店した客にとって最良の席を順に案内していないからだ。

いつの間にか、アキバ周辺にはガラス張りの高層ビルが立ち並び、旨い安い早いが売りだった名物ラーメン屋が姿を消し、少し値の張る小ぎれいなレストラン街がビルの中にできている。

食事を終え、ビルの二階からコンコースに出る。

_mg_3997c

秋葉原の夜空に三日月が輝いていた。弦が上を向いた三日月は妙に間が抜けている。寒気和らいだ空には、かえって落着きがいい気もした。

_mg_4003c

線路をくぐり、「ヨドバシカメラ」でいくつか物色するも、気に入った品なく、日比谷線にて午後9時前に帰宅す。「相棒」の放送なしとは知らなかった…。

_mg_4007c   

|

« 区役所もうで | トップページ | 役所もうで(その2) »

コメント

わたくし「上京」するまでは、
アキバハラ、と読むのだとばかり思ってました。
兄の持っていた雑誌の広告かなんかで
たびたび登場する「秋葉原」という地名は
蝦夷の民にとっては遠くエルサレムの聖地に
思いを馳せるようなイメージで(笑)。

投稿: いいちこ | 2007年2月22日 (木) 17時10分

もとは秋葉神社のある原っぱからだと。
発音も当初はアキバはらだっと思います。
移転後の秋葉神社の分祀されたものがJRの
駅にあるとも(見たことはありません)。
やっちゃばの最後を知る人間からみると
あのビル群はどうもなじめなくて。

投稿: みなべぇ | 2007年2月22日 (木) 18時12分

いいちこさん
私は今でも「アキバはら」と言っちゃいます。

みなべぇどの
さすがに物知りでんなあ。秋葉神社ってどこにあるんでしょうかねえ。今度確かめてみよ、思います。えっと、恥ずかしながら白状しちゃいますが、「やっちゃ場」(市場)という言葉さえ、あっしは知りませんでしたよ。昔は水陸物資移動の中心地だったアキバも、今となっては、JRや地下鉄、成田エクスプレスも乗り入れ、電気街からオタク街をへて、都市型人間の集散地へと変貌しつつある…。立派なビルが立ち並び、便利できれいで良い街は、二度と顔を会わせる可能性のない人たちの顔を見ながら通り過ぎる大都会になってしまったのかもしれませんね。

投稿: kawa | 2007年2月23日 (金) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/14004892

この記事へのトラックバック一覧です: アキバ「鳥つね」:

» 秋葉原のまぐろ亭について [まぐろ亭の関連情報サイト]
秋葉原のまぐろ亭について [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 18時49分

« 区役所もうで | トップページ | 役所もうで(その2) »