« ガウディとコンドル | トップページ | シフトすること »

2007年3月16日 (金)

坂のある街

_mg_4398c

三月もなかばだというのに、冷え込む日が続いている。週末にかけて雪がちらつくという予報も出ている。とはいえ、日差しは確実に勢いを増しており、日陰では冷たさで体が固くなるが、日なたを歩いているとポカポカした心地よい温かさに包まれる。

先日の火曜日、下宿さがしに朝から横浜まで出かけた。横浜の郊外にある大学に合格した姪たちと連れだって丸一日歩いた。

前日までにネットでめぼしい物件を探してはいたが、横浜は不案内なため、まず大学の生協に出向き、紹介物件を見てみることにした。生協には大きなボードが4枚ほど設置され、ボードの上に地域別、価格帯別、不動産別にきちんと整理された物件案内状が一面に貼り付けられていた。学生ボランティアが十名ほど常駐し、物件の案内、不動産屋や大家との連絡を取り仕切ってくれる。

一度に一件だけが紹介され、物件を内覧した後に契約が成立しなかった場合に次の物件が紹介される、というシステム。混乱をさけるためだ。不動産屋が大学まで車で迎えにきてくれるし、短い期間であれば契約を保留もできるし、同じ不動産屋であれば別の物件も続けて内覧可能なため、生協のシステムは機能しているといえる。

_mg_4447c

横浜は坂のある街。郷里の長崎と似ている。昔ながらの八王子街道沿いにある和田町というところは、特によく似ていた。姪たちが住んでいる家野町のマンションからすぐ近くにある住吉という街を思わせる雰囲気があった。下宿探し二日目に、姪たちはそこに決めたらしい。

_mg_4453c

家族と暮らしていた大きなマンションから、小さな下宿に独り移り住む十代の娘は、きっと心細いに違いない。妹も寂しがるだろう。親は経済的負担もさることながら、遠い土地に娘を一人送り出す心痛はいかばかりなものか。私に思い到るすべはない。

坂のある街が親子の心を落ち着かせてくれることを願う。

|

« ガウディとコンドル | トップページ | シフトすること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/14277885

この記事へのトラックバック一覧です: 坂のある街:

« ガウディとコンドル | トップページ | シフトすること »