« 坂のある街 | トップページ | 今夜は三日月 »

2007年3月21日 (水)

シフトすること

_mg_4523c
東京証券取引所(日本橋茅場町)

火曜日はバナナ1本口に押し込み、早朝から外出。さる方の依頼で撮影をするためだ。日本橋らしい建築物をまず何点か押さえる。カラリと晴れ渡った東京は日差し強く、24ミリのシフトレンズを最小限に絞りこんでも手ぶれするほどシャッター速度は遅くならなかった。背負った重い三脚を使うことなく、スナップ風に自由な撮影をすることができた。

日本橋蠣殻町(かきがらちょう)からタクシーをひろう。茅場町でタクシーを待たせて東京証券取引所や日本橋郵便局などを撮影し、日本橋のどまんなか、三井村で下車す。日本銀行、三井銀行、三越は長州藩の流れを組む三井財閥(渋沢栄一)の落とし子たちだ。

ちなみに丸の内は三菱村。土佐藩出身の岩崎家が競り落とした敷地で、コンドルらが活躍したところ。財閥や明治期に力をふるった地方の有力藩の影響は、平成になった現在にも及んでいる。歴代首相たちの顔ぶれを見れば一目瞭然のこと。ちなみにコンドルは、スペインの建築家アントニ・ガウディと同年代。

丸の内や日本橋にある銀行や大会社の本店は立派な造りをしている。銀座、赤坂、永田町もすぐそば。そんな環境の中に身を置いていると、本社づとめで意識が変わるのも無理はない気がする。

_mg_4548c
日本銀行

_mg_4552c
三井銀行(日本銀行の向かいにある)

_mg_4583c
日本橋三越(日本銀行は左手奥はす向かい)

_mg_4595c
日本橋(三越のすぐそば)

_mg_4625c
日本橋高島屋(日本橋をはさんで三越の反対側)

日本橋から徒歩で小伝馬町、小網町、人形町へと回り、七福神を写真におさめる。午前中に撮影を終え、早々に人形町『芳味亭』にて定番の「ランチ」をいただき、新宿へ向かう。小網町で暮らしていたこともある伊藤野絵(いとうのえ)の生きざまを描いた『ブルーストッキングの女たち』を新宿紀伊國屋ホールで観るためだ。「地人会」三度目の再演になるこの作品は、後世に残る名作だろう。主演は純名りさ。小柄ながら凛とした立ち姿で魅せる女優。期待している。

レンズをシフトして撮影しながら、「のんきに写真を撮ってる場合じゃないよなあ」と、独りごつ。自分の生き方にもシフトをかける時期なんでしょう、きっと。

|

« 坂のある街 | トップページ | 今夜は三日月 »

コメント

<自分の生き方にもシフトをかける>何て、なかなか、自分から出来るものでは無い、とは思いますが、KAWAさんなら、出来る、数少ない人のように思います。
 私の場合、最初に訴える(アプローチ)は掛けますが、どうも、その後は、相手、まわりの状況の中で、流れの中で、身を処置していたようです。(決断は、自分ではしているつもりですが・・・。)
 しかし、私も、自分で、<自分の生き方にもシフトをかける>時期に、来ているように思っています。
 残された人生は、残り少なくなってきています。人に人生を任せる人生は、そろそろ卒業したいものです。

投稿: mohariza | 2007年3月21日 (水) 11時23分

kawaさん、お元気ですか?
コメントがこの頃無く、少し寂しく思っています。
こちらも、仕事疲れで、心身とも疲れ切り、体調不良ですが…。
仕事の合間に、ブログ等で気を紛らしてはいますが…。
その分、また、睡眠時間が削られてはいますが、精神衛生上、解放はされています。

今、仕事上にも繋がりはしますが、ガウディに繋がる構想を持っています。
松倉資料館にも繋がりますが、その内、お伺いし、ご相談をしたいと思っています。
自分の時間が無いのが、本当に辛いこの頃です。

投稿: mohariza | 2007年4月13日 (金) 00時30分

moharizaさん、どもです。
シフトするためにこもってました。
年初から四肢を自由にするために体をいじり、
リズム感を取り戻すために頭をいじってました。

四月の後半はバルセロナにいます。
田中裕也さんやバセゴダさんに会ってきます。
今回は下見です。

ブログとの付き合いも大きく変化するでしょう。
五月にお会いできると思います。

投稿: kawa | 2007年4月13日 (金) 05時46分

<四月の後半はバルセロナにいます。
田中裕也さんやバセゴダさんに会ってきます。>
とのこと、
田中裕也さんに宜しく言っておいてください。バセゴダさんは、お会いしていませんが、「松倉資料館」について及び故松倉教授の資料について、良いお考えがあるか、お聞きしてください。
(田中裕也さんを含め、バセゴダさんには、ぜひお会いしたいと思っていますが…。)

なお、資料館を含め、5月以降、ある構想を持っていますので、ご相談したいと思います。現実を帯びてきた、ある計画と連動させようと思っています。

投稿: mohariza | 2007年4月14日 (土) 15時05分

moharizaさん
松倉先生はバセゴダ氏と親交が深かったですし、田中氏ともガウディを紹介する活動をともにしてこられた方です。ですから、バセゴダ氏と田中氏には資料館の可能性についておうかがいする予定でおります。

投稿: kawa | 2007年4月15日 (日) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/14333382

この記事へのトラックバック一覧です: シフトすること:

« 坂のある街 | トップページ | 今夜は三日月 »