« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

カルカソンヌ

_mg_5707c

カルカソンヌへバルセロナから車を飛ばした。片道約二時間半。高速道路を平均時速120キロで現地のドライバーがベンツを走らせる。スペイン国境を越えフランスに入ると、すぐだ。

カルカソンヌは中世の城砦都市。町には昔からの住人たちが普通に生活している。世界遺産に指定されてからは土産物屋が増え、小奇麗になったという。ここは人と文化の交差点。ピレネー山脈をはさみバルセロナと対峙する場所にある。アルプスとピレネーに挟まれ地中海をのぞむ平地に立つカルカソンヌ城には、多くの異民族たちが次々と押し寄せてきたという。

今回の旅はガウディ建築を巡るのが目的なのだが、バルセロナで合流したメンバーのなかに、どうしてもカルカソンヌを見てみたいというグループがあり、日帰りの遠足に同行したのだった。

まあ、カルカソンヌはガウディとまったく関係がないわけでもない。ガウディも訪れたことがある。また、ガウディがバイブルのように読みふけった書物との関係もある。フランスの建築史家ヴィオレ・ル・デュクが著わした「建築事典」と「建築講話」がそれだ。ヴィオレ・ル・デュクはパリのノートルダム大聖堂や、今回訪問したカルカソンヌを修復した建築家としても名を残している。ちょっとこじつけっぽい遠足だったかな。

ちなみに、ガウディはヴィオレ・ル・デュクによって修復されたばかりのカルカソンヌを訪問したとき、見るべきものはない、と、さっさとバルセロナに帰ってしまった、というエピソードが残されている。

続く…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

バルセロナ初日

_mg_5343c _mg_5598c

バルセロナへ来て四日目。早朝から深夜まで外出しデータバックアップに明け暮れる。やっと最初の日に撮影した写真をアップ。昼と夜のサグラダ・ファミリア誕生の門を初日に撮影できたが、青空の青が少し不満。日をあらためて行くことにする。幸い宿泊所が現地まで徒歩10分もかからない絶好の場所にある。二日目以降はまた次の機会にアップしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

今夜は三日月

ジコケー(『時効警察』)があっしの誕生日を記念して本日からリスタート(んなわけない)。主役の霧山修一朗(オダギリ・ジョー)も相変わらず良い味を出してくれるに違いないだろうが、三日月ちゃん(麻生久美子)に久しぶりにお目にかかれることを楽しみにしているオヤジたちは多いはず。やっぱ、相棒が良いとドラマにぐっと厚みを増す。面白さを際立たせる絶妙の仕組みが、そこいらへんにある気がする。お笑いのボケとツッコミの関係と似てるかもね。

相棒といえば『相棒』だろうが、ただいま休止中。ちょこちょことDVDとか、録画したビデオをながめながら反芻(はんすう)する楽しみもあるが、お初にながめる探偵物としてこの時期のお楽しみは、三日月ちゃんがやってくる『帰ってきた時効警察』ともうひとつ、『名探偵モンク4』でしょうかねえ。

ところで、『ジコケー』に出てくる刑事課の十文字疾風(はやて)警部補の相棒である蜂須賀警部って、『モンク』のストットルマイヤー警部の相棒、ディッシャー警部補の十年後に似てる気がするんだけど、違うかなあ?

いずれにしても、相棒あってのドラマ仕立てに変わりない。モンクの相棒であるナタリーも、三日月ちゃんに優る劣らず魅力的だし。少し話は飛んでしまうが、空手の世界でも、打つ手より引き手が重要だと教わったことがある。陽を際立たせるには陰が必要ということか。なんちゃって…。

今夜は三日月だが四日後には新月がやってくる。その日にあっしは日本脱出じゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »