« 人形町のコインランドリー | トップページ | 過去を買い戻すデータ修復 »

2008年7月31日 (木)

プロテクトレンズの生涯

L1030911c

プロテクトレンズを割ってしまった。十年以上使っていた。プロテクトレンズというのは、レンズ本体の前に装着する薄い補助レンズ。レンズ本体のデリケートなガラス部分に、直接触れないよう保護するのが本来の役割り。中にはフィルターの役割を持つものもある。

そのプロテクトレンズを割ってしまったのは、地下鉄の階段でカメラの入ったバッグを落としたから。原因は明らかに不注意。とはいえ、単なる「不注意」として片づけられては、ちょっと不本意じゃないだろうか。

なぜって、このプロテクトレンズはもう瀕死の状態にあったからだ。毎日酷使され、あちらこちらぶつけられてきた十年。円形外枠の金属部はすり傷だらけ。ガラス製のレンズ部には、眼に見えぬ細かい亀裂が無数に入っていたに違いない。それでもこの十年、こいつは黙って任務を全うしてきた。頼りになる傷だらけの老兵なのだ。

そして、昨夜のこと。そう、都営新宿線から半蔵門線へ乗り換えるために下車した九段下駅。下り階段でカメラマンバッグをかけた肩から肩ひもが外れ、バッグを階段に落としてしまった。かろうじて肩ひもを右手でつかみ、バッグが階段を転げ落ちることは防いだ。

しかし、何か嫌な予感がしたんだ、その時。いかにカメラマンバッグが頑丈にできていても、カメラが厚手のクッションに守られているとはいっても。もしも階段の角や石ころとか、突起物に当たったりしたら、破損する可能性は十分にある。すぐに私はバッグからカメラを取り出してみた。残念ながら、嫌な予感は当たっていた……。丸いガラスの上に白い稲妻が数本走っていた。

とはいえ、レンズ本体を強い衝撃から守るため、文字通りプロテクトするため、このプロテクトレンズは自分の身を割ってレンズ本体の危機を救ってくれた。このプロテクトレンズは任務を全うしたのだ。「不注意」で割られた、では不本意だと思う。

20080730_829c

アディオス! と別れを告げる前に、何枚か撮影した。

20080731_851c

20080731_858c

|

« 人形町のコインランドリー | トップページ | 過去を買い戻すデータ修復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/42024347

この記事へのトラックバック一覧です: プロテクトレンズの生涯:

« 人形町のコインランドリー | トップページ | 過去を買い戻すデータ修復 »