« RAWデータ | トップページ | ポール・ポッツと龍角散 »

2008年7月 1日 (火)

欠席しないこと

20080701_010c
       <花はいつもフォトジェニック>

「変わらなきゃ」と意を決しても、何も変わらぬことばかり。

活けられた花を見ながら、「月が変わったから何か目標を立てよう」と思い立つ。何を決めたかと言えば、「習いごとを欠席しないこと」。毎週水曜日のスペイン語教室と、毎週日曜日の空手の稽古。決めごとは、それだけにした。

スペイン語教室はこれまでも欠席してはいないが、効果がさほど望めないことが分かってきた。それで、何か理由をつけて辞めようかと思うところがあった。しかし、教室で習うという新鮮さはあり、やり方次第でスペイン語との付き合い方をつかめる可能性は高い。実際のところ、全く手も足も出なかった建築関係のスペイン語の文献さえ、かなり読めるようになっている。ひとつの大きなハードルを越えた感がある。

空手の稽古は、とにかく体力的にしんどい。いや、精神的に追い込まれることのほうが大きいかもしれぬ。他の人と比較するのでなく、自分自身の納得がいくかどうかが問われる稽古だからだ。休んでも誰からも問われない。毎週、楽しみにしているくせに、弱くて怠け者の自分が「準備ができてないから休んだほうがいい」などと、うまい理由をすぐに見つける。何かと理由をつけて休みたがるが、道場にひとたび足を踏み入れ、師匠にひと言でも指導を受けると、その充足感たるや言葉にできぬくらい嬉しいくせに、である。

本当はもっと自分に課した、やるべきことがある。本来なら、そちらの方で何か決めるべきなのだろうが、決めても決めても、その方面のToDpリストにチェックマークがつかぬまま。というわけで、周辺の外堀から埋めて攻め込んでみるか、と、いいわけなのだ。

花は偉い。いつも裏切らない。そんなふうになりたいものなのだが、鼻づまりで風邪気味なボンヤリした頭では、「欠席しないこと」くらいしか考えられないようだ。

|

« RAWデータ | トップページ | ポール・ポッツと龍角散 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/41920284

この記事へのトラックバック一覧です: 欠席しないこと:

« RAWデータ | トップページ | ポール・ポッツと龍角散 »