« 真夏の合宿 | トップページ | 都営バスで小旅行 »

2008年8月11日 (月)

「風の谷のナウシカ」の台詞

空手の合宿所は虫だらけだった。山深い谷合いにある一軒家では当たり前だろう。すこし離れた稽古場にて床に突っ伏し柔軟体操していると、そこに住んでいるらしき鬼ヤンマが頭に止まることもしばしば。最初はびっくりして追い払っていたが、しばらくすると何もしなくなった。とにかく虫だらけなのだ。ただ、不思議なことに、蚊に血を吸われ、虫に刺されることはほとんどなかった。そんなところで、虫は殺せい。そのとき、『風の谷のナウシカ』を思い出した。

あの映画の台詞は記憶に残りやすい。言葉の余韻が素晴らしい。余韻にひたりながら思い出していたら、ブログにアップしたくなった。

厳密な話をすれば、版権に触れるかもしれない。とはいえ、商業ベースの下世話なレベルで『風の谷のナウシカ』を語るのは不毛なこと。それに、このブログは営利目的や自慢目的、啓蒙目的で書いているわけじゃない。単なる私的な備忘録。どうかご容赦あれ。

ここには誰がどんな場面で発した言葉かは、あえて書いていない。言葉をたどりながら、場面を思い出せるか、な。

……………………………

なんて立派なオウム。

風上へ!

すまぬ!

オウム、森へお帰り。
この先はお前の世界じゃないのよ。
ねえ、いい子だから。

オウム、目を覚まして。森へ帰ろう。

………

おいで。さあ。
ほら、怖くない。怖くない。ほらね、怖くない。ね。
怯えていただけなんだよね。

これ運んでくださるう。
気流が乱れてうまく飛べないのお。

………

腐海のほとりに生きるものの定めです。

そのもの蒼き衣をまといて金色の野に降り立つべし
失われた大地との絆を結び
ついに人々を青き清浄の地に導かん

婆サマ、からかわれては困る
私はただ腐海の謎を解きたいと願っているだけじゃよ。

………

ミト、ゴル

ユパ様

トルメキアの大型船だ。飛び方がおかしい。

ペジテの王族の姫君

トルメキアの船だ。
みんな、城へ!

………

双方動くな。
動けばオウムの皮より削り出した
この剣がセラミック装甲を貫くぞ。

トルメキア兵に聞く。
この谷の者は、昨夜、そなたたちのの船を救わんと
必死に働いた。
今もまた、死者を丁重に葬ったばかりだ。
小なりとはいえ、
その国に対するこれがトルメキアの礼儀か。
戦を仕掛けるならば、それなりの理由があるはず。
まず、使者をたて口上を述べるべきであろう。

ナウシカ、落ち着け。落ち着け、ナウシカ。
今戦えば、谷の者はみな殺しになろう。
機を見て、機会を待つのだ。

………

やめろ、クロトワ。
諫言(かんげん)、耳が痛い。
辺境いちの剣士、ユパ・ミラルダとはそなたのことか。
我らが目的は殺戮ではない。
話がしたい。剣をおさめられよ。

聞け。辺境派遣軍、クシャナ殿下の御言葉だ。

………

ジルを殺したように。

………

あら、私がうそついたことあった?

ない。

………

雲の下はすごい瘴気の渦だわ。

来い。早く。
発砲と同時にエンジン全開!

腐海に降りて、バージを救出する。
死なないで、テト。

姫様、笑うとる。助かるんじゃ。

………

あなたは、腐海を何も分かっていない。
あなたは何をおびえているの。
まるで、迷子のキツネリスのように。
怖がらないで。
私は、ただあなたに、自分の国へ帰ってもらいたいだけ。

静かに! 怒らせてはダメ!

ここはオウムの巣じゃあ。囲まれたあ。

私たちを調べている。

オウム、ごめんなさい。
あなたたちの巣を騒がせて。
でも、わかって。
私たち、あなたたちの敵じゃないの。

………

腐海は人間が汚してきたこの世界を奇麗にするために生まれてきたの。
大地の毒を体に取り込んで、
奇麗な結晶にして、砂になっていく。?
この地下もそうしてできたの。
虫たちはその森を守っている。

………

あなたもクシャナと同じように言うのね。

もう寝ましょう。
明日、たくさん飛ばなきゃ。

………

虫たちがいない。
なぜかしら、こんなに胸がドキドキする。

神様。風の神様。みんなを守って。

………

わしらの姫様はこの手を好きだと言うてくださる。
働き者のきれーな手だと言うてくだされるわい。

そりゃわしらも火を使うがな。
多すぎる火は森を一日で灰にする。
水と風は百年かけて森を育てるんじゃ。
わしらは水と風のほうがええ。

………

何があったか知らねえが、かわいくなっちゃって、まあ。

クロトワ。その者たちを放せ。
兵に食事をとらせろ。
一時間後に攻撃を開始する。

………

誰か私を外へ連れ出しておくれえ。

風がやむなんて初めて。
婆さま、耳が痛い。

大気が、大気が怒りに満ちておる。

………

風があふれた。風の谷に向かっている。
なぜ。どうやってオウムを…。
あれが、群れを呼んでる。
ミト、シリウスに向かって飛べ。

はっ、はいい!

いる。
ミト、照明弾!
用意! 打てえ!

なんだあ、あれはあ?

あああああ!
なんて、ひどいことをお!
あの子を囮にして、群れを呼び寄せているんだあ。

くそお、叩き落してやるう!

だめよお! 打っちゃだめえ!

なぜじゃあ、なぜ打たせんのじゃあ!

オームの子を殺したら、暴走は止まらないわ。

どうすればいいんじゃ。このままじゃ谷は全滅じゃ。

落ち着いて、ミト。オウムの子を群れへ返すの。
やってみる。

何をするんじゃ、姫様。

ミトはみんなに知らせてっ。

姫様あ、武器も持たずにい。

………

行こう。

待たないんで?

しょせん、血塗られた道だ。

殿下は中へ。

ここでいい。

………

あの娘はどうした?

姫様は後ろに乗っとらんぞ。

オウムだ。オウムの群れがこっちへ来るぞ。

姫様はオウムの暴走を食い止めるために
ひとり残られた。
戦なんぞしてるひまはない。
みな高いところへ逃げろ。急げえ!

………

ああっ、婆さまあ。赤い光が見えますう。
どんどん増えてるみたい。こっちへ来るんだわあ。

婆にしっかりつかまっておいでえ。
こうなったら、もう、誰もとめられないんじゃあ。

………

今、使わずに、いつ使うのだ。行けえ!

………

打たないで。話を聞いてええ!

ごめんね。こわらがらなくていいの。私は敵じゃないわ。
ごめんね。許して、なんて言えないよね。
ひどすぎるよね。

ああ、動いちゃだめ。体液が出ちゃう。
いい子だから、動かないで。

だめよ。そんな怪我で入ったら。この湖の水はダメだったらっ。
ああああ!

おまえ。
やさしい子。私は大丈夫。今、みんなが迎えに来るからね。

あっ、それていく。こっちへ来ない。
オウム、ダメよ。そっちは谷があるのに。
怒りで我を忘れてるんだわ。
鎮めなきゃ、谷が。

私たちを運びなさい。あの子を群れに返します。

そんなことをしたって、もう無駄だあ。
群れはとまりゃしない。

私たちを群れの先に降ろすだけでいい。運びなさい。

しかし、君も死ぬぞお!

………

婆さま、みんな死ぬのお?
定めならねえ。従うしかないんだよお。

巨人兵だ!

………

焼き払え! それでも最も邪悪な一族の末裔かあ!

どうした化け物。さっさと打たんかあ!

………

巨人兵、死んじゃった。

そのほうがいいんじゃよ。
オウムの怒りは大地の怒りじゃあ。
あんなものにすがって生きて、なんになろう。

………

姫ねえさま! 姫ねえさまが!

オウムの攻撃色が消えていくう。

大気から怒りが消えたあ。

止まった、オウムが止まったぞ。

………

姫ねえさまがあ。

姫ねえさま、死んじゃったあ。

身をもってオウムの怒りを鎮めてくださったのじゃあ。
あの子は谷を守ったのじゃあ。

………

テトっ!
良かったあ。
オウム、ありがとう。ありがとう。

奇跡じゃ。奇跡じゃあ。
なんという、いたわりという愛じゃ。
オウムが心を開いておるう。
こどもたちよ、私のめしいた目の代わりによおく見ておくのじゃ。

婆さま。姫ねえさま、真っ青な異国の衣着てるのお。
まるで、金色の草原を歩いてるみたい。

おおお。
そのもの蒼き衣をまとい金色の野に降り立つべし

婆さまあ。

古き言い伝えは誠であったあ。

見てえ!
メーベだあ!
ほんとだ。風が戻ってきた。

失われた大地との絆を結び
ついに人々を青き清浄の地に導かん

……とりあえず、終わり……………………………………

記憶に頼っているため、正確でないかもしれぬ。

|

« 真夏の合宿 | トップページ | 都営バスで小旅行 »

コメント

こんにちは はじめまして。
諫言耳が痛い、で検索していて、こちらのブログ読ませていただきました。
ナウシカ、懐かしくもあり、場面を思い出しながら小さな声で朗読しながら読みました。途中、涙が出てきて声がかすれたりしてしまいました。
今、自分、悩んでいることがあり、感情的な気持ちで日々を過ごしていて、涙もろくなっているんです。
感動させていただいたことにお礼が言いたくて、コメントします。
ただ、ブログの更新が少し前からとまっているようで、もしかして、、、とも思うのですが、、、
川口さんに届くことを祈って、送ります。

投稿: 旭 | 2012年6月26日 (火) 20時28分

旭さま
ゆえあってしばらく言葉をなくしておりますが、ナウシカの言葉、私もちょっと声を出して読んでみて、これを書いていた頃のことを思い出し、言葉の力を再び認識する良い機会を得ることができました。コメントありがとうございました。

投稿: kawa | 2012年7月 4日 (水) 10時16分

私もつい知らず口に出して朗読してしまい、何だか元気になりました。
ナウシカ、まるでいにしえの文のように言霊をもっているかのようです。
(*^ω^*)ノ彡

投稿: 抹茶 | 2015年1月 7日 (水) 23時01分

日記のネタ探しにたどり着きました。
ナウシカはアニメで見ただけだったのですが、こうやって文字におこしてもらったものを目にすると、改めてセリフの素晴らしさを実感できますね。
一つ一つの言葉の深さに、そのシーンを思い浮かべながらなにか目頭が熱くなりました。
投稿ありがとう。

投稿: らい | 2016年2月 1日 (月) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/42141695

この記事へのトラックバック一覧です: 「風の谷のナウシカ」の台詞:

« 真夏の合宿 | トップページ | 都営バスで小旅行 »