« 都営バスで小旅行 | トップページ | ぽん多 »

2008年8月28日 (木)

治安孝行

20080826_718c

先日、田舎に帰省していた、いとこの哲也が九州から東京までバイクを飛ばして帰ってきた。雨にやられて、夏だというのにブルブル震えるほど寒かったらしい。

彼は「いとこ」とは言っても三十代。私とは親子ほどの年の違いがある。とはいえ、小さいころから「兄ちゃん」と呼ばせてきたためか、兄弟のような関係が続いている。小さい頃に刷り込まれた記憶は大きい。

ちなみに、うちは両親とも多産系で、母方には叔父や叔母が12人おり、父方はそれおり一人多い13人もいる。従兄弟の数は百名近くになる。そして、どちらの家系も絆が深いときている。哲也はその一人。母方に属し、五島列島という故郷をこよなく愛している若者だ。

「お土産、何がよかね?」

と、帰省前に聞いてきた哲也の言葉に、私はこう即答した。

「やっぱ、ちゃんここ餅ばい」

その餅菓子の正式名称は「治安孝行」。元は何かと言えば、五島列島の伝統的な踊りの名前。かなを振って「ちゃんここ」と読ませている。五島列島にある昔からの銘菓だ。一口大に小さく切った餅を細長く伸ばし、周囲をきな粉で軽く固めた素朴なお菓子。これがホントにウマイ。「五島うどん」に続くのは、この「治安孝行」だと確信している。ただし、賞味期限が短いのが弱点か…。

後生大事に哲也がバイクに積んできた「ちゃんここ」だったが、賞味期限が翌日までしかなかった。残念ながらおすそ分けはできぬ。とはいえ、すぐに完食。糖尿病の体質ではないので問題ないだろう。

いとこのお陰で、昔ながらの味を堪能したお盆明けだった。

|

« 都営バスで小旅行 | トップページ | ぽん多 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/42296953

この記事へのトラックバック一覧です: 治安孝行:

« 都営バスで小旅行 | トップページ | ぽん多 »