« 種なしピオーネ | トップページ | 五年ぶりの成城学園 »

2008年9月17日 (水)

走る楽しみ

Dsc05161

この写真は隅田川の川べりから下流を見て撮影したものです。正面に林立しているビル群は月島。隅田川の流れは月島で二分され、東京湾へと注がれています。

下の写真は隅田川に架かる橋の上から月島方面を見て撮影したもの。アングルが違うこともあり、月島がはるか遠くに見えますね。

20070212_c

月島はすぐ近くまで迫って見えたり、遠く霞んで見えたりする、不思議な場所のようです。そんな月島の近くまで、この数日、隅田川沿いを走り始めました。今日で一週間です。

まず、自宅から隅田川まで歩き、川べりで準備体操。これで10分。歩くような速度でジョギングに持ち込み、調子が良いと途中でピッチを上げ、最後は速度を落とします。約20分。そして、10分ほどストレッチして終了。帰宅しシャワーを浴びるとスッキリします。

一時間前後の軽い運動です。

とはいえ、最初は、走り始めて10分もしないうちに胸が苦しくなってしまいました。ホントに苦しいんです。でも、この苦しさは身に覚えがあるので、単なる苦しさでないことも知っていました。少しすれば超えられる苦しさなんです。スポーツにくわしい友人からも、

「10回くらい走ってると慣れてくるから、それまでは無理しないで、少しずつね」

と、的確なアドバイスをもらいました。空手の合宿に参加して体力はかなり回復していましたが、有酸素運動はまったく別物。そして、ジョギングの体を上下に大きく揺らす運動が、苦しさに追い討ちをかけることも知りました。膝や腰に負担がかかってると思うかもしれませんが、一番しんどいのは、頭です。脳みそが揺すぶられてる感じ。ジョギングで足を着地させるたびに、ガン! ガン! ガン! と、大音響が頭に響くんです。首の関節が緩んでいるでしょうかねえ。

歩くのとほとんど変わらない速度でジョギングしている人を見ても、けっして「歩いたほうが速いんじゃないの」なんて思ってはみても、さげすみの目で見ないでやってください。走っている当人は、歩きとはまったく違う運動に挑戦中なのですから。挑戦は大袈裟ですが、正しい姿勢で無理なく走ることに集中し、速く走りたいという欲求を抑えている、ある意味ストイックな存在でもあるのですから。

まだ、やっぱり、ちょいとしんどいんだけど、毎日走ってみよ、思てまっ。どうです、あなたも。始めてみませんか?

|

« 種なしピオーネ | トップページ | 五年ぶりの成城学園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/42502221

この記事へのトラックバック一覧です: 走る楽しみ:

« 種なしピオーネ | トップページ | 五年ぶりの成城学園 »