« 久しぶりの夕焼け | トップページ | 種なしピオーネ »

2008年9月14日 (日)

適正な距離感

適正な距離感を維持できる関係は奇跡だ。しかも、その関係が異性間では、ほぼ有り得ない。しかし、あり得る場合もある。そんな距離感を共有できる女性四人たちと、昼間から神楽坂にて遊んだ。

まずはお食事。というか、集まった目的自体が食事会だった。

イタリアンの名店『ALA』(アラ)は、路地奥の地下一階にある。ランチどきでも予約しないと、よほどタイミングが良くない限り入れない。そのわけは、料理も接客も圧倒的にリーズナブルだから。一番高いランチコースでも2000円。前菜、パスタ、メイン、デザート、コーヒーと続くのだが、どれも丁寧な仕上がり。自家製パンも焼き立てでうまい。お勧め!

申し訳ないので、みなドリンクを付けた。それでも2500円弱。ちなみに店の名前であるALA(アラ)は、スペイン語で「翼」の意味。魚のアラではない。地下から神楽坂の大空へ飛び立とうとするスルメイカのイメージが頭の中に広がって抜けなくて、うーん、どうしよ、と困った顔の説明ができなくて、困った。

食事が終わると、散歩とおしゃべり。神楽坂界隈をめぐる。これがまた、この上なく楽しい。その写真を撮影するのも楽しい。

20080913_049c

『紀善』は満席だから「次、次い」と、あーちゃんがつぶやく。

皆、歳は近いが、まったく違う職種についている。それぞれの業界で、先を走っているらしいが、お互いの職について深追いはしない。ただ、彼女だったらどう反応するかなあ、という興味はお互いに強く持っているらしい。私も興味津々。予想だにせぬ彼女たちの反応をいつも楽しませてもらっている。

20080913_054c

神楽坂を登る。

20080913_055c

まだ、登る。

20080913_057c

赤いゲーセン(って死語?)前にて、達人のバチさばきの素晴らしさに思わず皆で拍手喝采す。「学生ってスゴイね」「いや、ただ暇なだけよ」「でも、人の見てないところで努力してるスキルはあるよ」などと、勝手にのたまいながら、坂を下った。

|

« 久しぶりの夕焼け | トップページ | 種なしピオーネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/42522169

この記事へのトラックバック一覧です: 適正な距離感:

« 久しぶりの夕焼け | トップページ | 種なしピオーネ »