« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月27日 (月)

エル・カプリチョのオーナー

Postcard01c2

この写真は北スペインにあるガウディ建築「エル・カプリチョ」。現在はこの建物はレストランとして使われていますが、そのレストランが発行している絵葉書用の写真を、ここに転載しています。

「エル・カプリチョ」は、バルセロナにある「カサ・ビセンス」と同じ頃に設計されたガウディ初期の作品で、イスラム様式の色を濃く残している建築物です。「カサ・ビセンス」はすでに世界遺産として登録されているので、この「エル・カプリチョ」も世界遺産級のものと言ってようでしょう。

この建築物はある企業が所有する私有物なのですが、そのオーナーは、なんと日本人なのです。先日の土曜日、ガウディクラブの田中裕也氏の紹介でそのオーナーと品川で会いました。

驚くほど若いオーナー、黒澤武人氏が来日された目的は詳しくはまだ書けませんが、この建築物をより多くの方々に知ってもらい、北スペイン、カンタブリア州のコミージャスという土地を訪れてもらうためでした。昼食をはさんで田中氏と三人、二時間ほどの話でしたが、私もなんとか協力したいと思わせる真摯な人柄の若者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

ライカ D-LUX 4

新しい仲間、1台。街歩き用に昨日「ライカ銀座店」にて購入。

20081025_595c

20081025_594c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

花と食卓

20081020_508c
赤色

20081020_514c
黄色

20081020_509c
橙色

20081020_507c
紅色

20081020_516c2
小粒

20081017_493c
花と食卓 10月17日

EOS 5D 50mmマクロレンズ使用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

名優、緒形拳逝く

気になってはいたんですよ、前からね。 「ちょっと病気っぽいんじゃない?」って、ね。最近、目にしたテレビCMを観て、確かにそう感じてました。で、つい先ほど知ったばかりのことなんですが、彼の近況に思わず、 「ウソだろ!」と、叫んでしまいました。私にとって最も存在感のある俳優でしたから。

彼を知ったのは、もう半世紀ほど前のこと。あるテレビドラマでした。まだモノクロ放送だったのか、うちのテレビがまだモノクロだったのか定かではありませんが、野性児のような、モノクロの笑い顔がうちの兄にそっくりで、それ以来、ずっと見続けてきたのでした。

そんな風に、私と同じように彼を横目で見続けてきた人たち、特に私の兄の世代、団塊の世代の人たちにとって彼の死は、大きな意味を持っているはず。自分の時代が終わり、次の世代にバトンタッチするときがきた、と。 あるいは、新しい第二の人生が始まった、と、思う人もいることでしょう。

恥ずかしい話なんですが、彼の事務所がうちから目と鼻の最、歩いて数分もかからぬところ、日本橋人形町二丁目にあったことを知りませんでした。「好きならちゃんと調べて追いかけろよ!」と、自分の胸を拳で打ってみたところで、もう後の祭りです。

2008年10月5日(日)、名優、緒形拳逝く。

「太閤記」で初めて見たあなたの笑顔は決して忘れないでしょう。人間の表も裏もさらけ出したあなたの表情を決して忘れません。

それでも人は飯を食らうのです。日曜日もおいしい夕飯を食べました。

これは、ちらし寿司。少し食べすぎました。

20081005_166c

あさり汁。旨いだけでなく内臓を洗浄してくれます。

20081005_164c_2

そして、煮びたし。箸休めと言っちゃ、罰当たる旨さあり。

20081005_172c

ああっ……。それが人のさが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »