« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月21日 (水)

純名りさ/1年ぶりの写真更新

Risa20090101_01c

この画像は、先日の2009年1月19日に更新された「純名りさ」さんのウェブサイト「Risa Junna Official Website」のトップページです。大きなリニューアルは今回で2度目。

最初の大きなリニューアルは、ちょうど一年前の2008年1月19日。それから一年後のこの日、写真が新しくなりました。昨年12月29日にいったん更新されましたが、色合いが変更され、トップページの写真が自動的に切り替わり2枚の写真が表示されるようになりました。

Risa20090124_01c

更新されて良くなったのではないでしょうか。1年前の精悍な表情から、今回は柔らかく親しみやすいイメージに変わっています。ハッとさせるような純名さんの表情は相変わらずですね。たとえば:

What's new
Risa20090124_03c

Profile
Risa20090124_05c

Information
Risa20090124_09c

Contact
Risa20090124_10c

今後の変化も期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

操上和美

今春、最も楽しみな映像。

写真家操上和美(くりがみかずみ)の初監督作品。

ゼラチン シルバーLOVE

<映画パンフレットの表紙> <映画パンフレットの裏>
20090303_kurigami01c_5  20090303_kurigami04c_3

<映画パンフレットの2-3ページ>
20090303_kurigami023c_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

リチャードⅢ世

2009_01_19_0213c

いつもは女性客が9割以上占める観劇。しかし、今夜の「ACTシアター」には、なぜか男性客も多かった。古田新太の「リチャードⅢ世」東京初日。四時間の長丁場にも関わらず、カーテンコールは2回だけ。冷たい評価だった。そして、舞台を演じ終えた役者たちの顔も、明らかに不出来だと言っていた。

2009_01_19___ticket_c

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

夕陽

2009_01_14_0169c

一瞬の黄昏。空が赤く染まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

野菜

2009_01_13_0137c

うちのご飯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

松たか子と宮沢りえ

2009_01_10__ticket_c

今年、最初の観劇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

食初め

20090109_0436c

氷雨降る原宿からずぶ濡れにて体冷えるも、

樋口』の暖かいもてなしに一同感激す。

詳しくは「未熟でごめんなさい」の記事をご覧あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

納豆

2009_01_07_0121c

発酵する大豆。

発光する頭脳。

発行する書籍。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

お雑煮とフラメンコ

朝はお雑煮。餅二つ。

2009_01_05_0085c

2009_01_05_0091c

明日はプレゼン。夕刻まで資料作成に奔走す。夜は高円寺の「カサ・デ・エスペランサ」にてフラメンコ舞踊を観た。

2009_01_05_ami_c

AMIさんの踊りは今晩も進化し続けていた。舞台を引けたAMIさんをバーカウンターにお誘いし、友人三名と私で独占。終電時刻を過ぎても、なお話し込む。高円寺から水天宮までタクり、帰宅したのは午前二時を回っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

稽古始め

20090104_0377c

20090104_0388c

参加者9名。午前10時~午後2時半。今日の目標は、肩の力を抜き、引き手を下げ、膝を上げ、素早く動くことだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

仕事始め

2009_01_01_0024c

水天宮に初詣する参拝客を眺めながら、正月明けすぐに控えているプレゼンに備え、今日は仕事始めとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

寸沢嵐

2009_01_02_0040c

          <寸沢嵐(すあらし)>

午前九時半に外出。水天宮前から、大手町、東京、立川、高尾と電車を乗り継ぐ。相模湖駅で下車し、バスに乗り「寸沢嵐」(すあらし)という地名の義母宅に着いたときは、もう正午前だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

お雑煮

2009_01_01_0003c

大晦日は早々に床につくも寝入り悪し。風邪の予兆ありて鼻詰りひどく何度か起き出す。寝入ったのは午前三時頃か。気がつくと午前七時。

「今年こそ早起きすべし!」

と、意を決しガバと起き出す。ご不浄で用を足し口を濯ぐも、夢の続き絶えず、二度寝をむさぼる。決した心は、はていずこ……。ああっ。

「一年の計は元旦にあり、というではないか。ダメじゃないか、オレ。いやいや、今年も無理せず、ってことじゃ」

と、夢の中で毒づく中年おやじ。結局、午前十時過ぎ起床。すぐに風呂。新年の挨拶、そして恒例のお雑煮。今年のお雑煮は「いつも美味しいバイク便」のお陰で、五島から届いた餅二つ。有難い。しかし、ご飯を食べた後に口のなかに残る独特の酸味を含むある種のご飯臭さを一瞬感じた。田舎でついた餅は足が速いため酸化が始まっているのか、黴(カビ)がすでに育ち始めているのか。

いや、違っていた。もっこりした粘り具合とむちむちとした触感に浸っていると、一瞬気になったはずの独特のあの酸味は、とびきりの旨みに変化した。うまいに決まってる。仕切り上手な叔母が餅を準備する様子を思いながら、「ありがとう」と、心に念ず。

みなさん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »