« 芳味亭と喜楽 | トップページ | スーツの日 »

2009年2月21日 (土)

一日一ミリ

20090111_0464c
      <水天宮前:武道の稽古に行く朝>

今年も始まってすでに二か月を過ぎようとしていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

この正月から私は武道整体を習い始めました。全課程を履修するには、二年ほどかかります。武道整体を習得する目的は、あくまでも己が目指す武道の修行のためであり、武道整体を習得する技術課程をすべて修了したとしても、整体を人様にほどこせるようになるわけではありません。そこには相手の体と対話できる感性が不可欠になります。相手にどうすれば負担をかけない癒術(ゆじゅつ)ができるか、相手が本来持っている自然治癒の能力をどうすれば引き出せるのか、時々刻々と変化する相手の体からの微妙な反応をのがさない感性が最終的には問われるのです。

コンピュータ技術を分かりやすく解説することを生業(なりわい)にしている私のような人間にとって、武術整体の習得は新たなたコミュニケーション能力を開発する絶好の機会ともいえます。そのためこの二か月、武道整体は私をのめり込ませています。結果的に、武道に対する考え方もさることながら、稽古での動きにも何やら大きな変化が起きていることが自覚されます。

物理的にこの二年ほど、どうしてもできなかった股割りも、あと少しでペタンと床に腰を下ろせるところまで来ています。

ガウディ研究にも変化が起きています。日本に初めてガウディを紹介した故今井兼次先生が書かれた論文を、ひとつひとつ読み解く作業をこの二か月で終えました。そして今は、ガウディの代表作と言われる未完のコロニア・グエル教会の完成予想復元模型を世界で初めてつくった故松倉保夫先生の仕事を追いかけています。

まだまだ分からぬことばかりですが、一日にとにかく一ミリでも先に進むこと、そのことを武道整体を習得する過程で、師匠と先輩から教えをいただいている気がします。

|

« 芳味亭と喜楽 | トップページ | スーツの日 »

コメント

故松倉保夫先生の仕事の追求、楽しみにしています。
物理学者なので、建築の立場と違いますが、違う視点からのその洞察は、凄いことだと思います。

投稿: mohariza | 2009年2月22日 (日) 21時50分

moharizaさん
松倉先生の奥様からお預かりしている数冊の書籍には、著者のプーチ・ボアーダからのメッセージやサインが書き込まれていたり、先生が書き込まれた読書メモやタイプライターで打たれた人名リストがはさまっていたりします。ガウディ建築に対する先生の情熱の残り火を感じます。

以前は気がつかなかったのですが、moharizaさんから送付されてきた書籍リスト(コピー)、つまり松倉先生の蔵書リストを見ると、ガウディ建築に関するほぼすべての基本的研究資料が列記されています。価値ある蔵書です。

投稿: kawa | 2009年2月26日 (木) 21時48分

やはり、持つべき人(理解できる人)に資料があるべきと思いました。
充分に、ご活用してください。

投稿: mohariza | 2009年2月26日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/44126537

この記事へのトラックバック一覧です: 一日一ミリ:

« 芳味亭と喜楽 | トップページ | スーツの日 »