« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

すべての言葉よ 空を飛べ

2009_06_27_2629c

ライブは第三部に突入していた。

「らもさんの歌、歌います」と、良元優作は言うと、ちょっと笑って真顔になり歌い始めたのだった。

  人間らしいってわかるかい
  しょっちゅうヘマをやるってえ、ことさ
  俺は大麻で捕まって、牢屋で夜明けを待っている

  東の空があ、白み始めて
  すずめがあ、チュンチュン鳴いている
  朝陽はもう上るよ、少しずつだけどね
  そのときこそ、自由になるんだ

  自由、自由って騒ぐけど
  自由ほど不自由なものはねえんだ
  そんなこたあ、分かってるけど
  それでも自由が欲しいんだ

  オイラは自由を求めてる
  天皇からおまんこまで
  すべてての言葉よ
  空を飛べ

  朝陽はもう上るよ、少しずつだけどね
  そのとき、その日こそ、自由になるんだ

中島らもは好きでも嫌いでもなく、ずっと知らんぷりしていたけれど、最後の言葉にゃ、やられたわい。

土曜日の夕暮れどき、神保町の小さなワインバーに集まった人たち。二十人ほどだったろうか。常連たちはみな立ち見だ。

「聴きたい人がいるならやりますよ」

と、やってきた歌い手。そんなプライベート・コンサートだった。「キムおじさん」に皆こっそり涙し、曲の途中で大笑いしたり、歌詞を忘れた歌い手に歌詞を教えたり、なんとも賑やかな夜でありました。そして、どうかメジャーになってくれるな、と、願った夜でありました。

呼んでくれたみなべえ、ありがとね。そして、場所を気持ちよく提供してくれたボンビバンのママ、ありがと。

2009_06_27_yusaku01c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

思いは通ず

2009_06_19_2498c

太極拳の稽古に出向く朝、兄の幼馴染より酒届き歓喜す。この日は五島生まれの従兄弟の哲也が久しぶりに午後訪ねて来、久しく身を隠していた友人Y氏と夕刻からウナギを食らい、そして、夜はこの酒とともに過ごす。思いは通ず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

銀座の夕暮れ

2009_06_17_2454c

原稿をようやく1本仕上げ、夕方外出。銀座で用を済ませ、人形町「喜楽」にてビーフカツを食らう。代替わりでほどよい肉厚となり歓喜したのもつかの間、味落ち落胆す。復活を祈る。

TVでワールドカップ・サッカー予選を音量を絞り観戦しながら、メールを数通書く。オーストラリアに分ありは明らか。川平なんとか君をなぜ司会と起用するのか疑問。

ブログaccess_9に、5月4日付で「エルカプリーチョの立て直し」をアップす。銀座で見た夕暮れ色に優るできごとなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

カレーうどん

2009_06_16_2441c

一日一食の日もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

梅雨らしい雨

2009_06_15_2414c
<日本橋蛎殻町 水天宮>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

バーゲンも楽しからずや

2009_06_14_2398c
<銀座、交通会館>

 朝まで眠れず、半年振りに空手の稽古を休む。午後2時前、友人からもらった顧客限定ブルックスブラザース・バーゲンの葉書を持参し外出す。人形町から日比谷線で銀座へ。 「交通会館」1階でバーゲンの案内あり。係員から「15:00入場整理券」を渡される。小一時間で空腹を満たすため、隣のビル2階の鹿児島県を売りにした天ぷら蕎麦屋へ飛び込む。とびきり旨いわけではないが、費用対効果が驚くほど良し。

 午後3時前 交通会館12階のバーゲンセール会場へと勇んでおもむくも、ちょっと待たされることになった。1階通路の左側には、エレベータが数機ある。その前に並んでいる人たちの方へ寄っていくと、係員から反対側に並ぶように促され、振り向くと、なんと、長蛇の列。その先は階段まで続いているようだ。もしかして……。階段に近づくと、そこにも並ぶ人の列。「階段を登れってことかい」と、ちょっと、むっとする。「こんなにいるんだ。すごいねえ」と他人ごとのような言葉をはき、あらぬ対応への怒りをガス抜きす。登れど登れど最後尾に行きつかない。最後尾は3階まで続いていた。

 とはいえ、その後の係員たちの対応は素晴らしく、なんら不満なく、半額以下で何枚かのシャツとパンツを2本購入できた。思えば、前に服を買ったのは数年前。今年取り壊されてしまった南青山の「Papas」だった。

 稽古をさぼった後ろめたさもそのうち忘れ、銀ブラなどして、「松屋」デパ地下「アンデルセン」でサンドイッチや菓子パンなど買い、午後5時、帰宅す。バーゲンセールの陳列棚に山積みされた衣類をひっくり返すおばさんたちを見て、さげすんでいた自分を少し恥じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

武道整体の日々

2009_06_05_2325c
<中野坂上駅前は雨>

正月から始めた武道整体。今日で21回目となる。空手を習得する一貫として始めた整体だったが、人の体に触れて初めて感じるようになった人体の不思議に驚き、そして、人に影響を与える責任の深さに恐れ慄き(おそれおののき)、受講メモや施術メモを記述したり、西洋と東洋の医学書を読み漁るなどして、今夜もなかなか眠れぬ幸せな時間を過ごしている。

施術メモは、40項目あまりの基本的な手技(しゅぎ)について、施術を受けた人がどのような状態でどのような反応と効果を示したか、施術をした者が基本を順守しどのように応用できたかを記す詳細なもので、Excelファイルにのこしている。門外不出の内容だ。

受講メモは、数時間におよぶ師匠からの指導や自己反省などを記したもの。基本手技法への細かい指導や師匠の講義も含まれる。

このようなことが毎週1回、五か月間ちょっと続いてきた。本日は21回目。そのほか、友人や知人に協力いただき、ほぼ毎日、施術の機会をもらっている。順調にいくと年末までに一通りの過程を終了できるペースだという。それもこれも、空手という素地があればこそ、の話らしいが、何をもって独り立ちできるかは、まだよく分かっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 4日 (木)

「カフェ・ドゥ・ガウディ」

2009_06_04_2310c 

きのうの京都は曇り空。
お仕事なので観光なし。

でもね、

仕事終わってそそくさと、
足運ぶのさ、麩屋町通り松原下がる。
(ふやちょうどおり、まつばらさがる)

そこあるのは珈琲店。
焙煎だけで喫茶なし。

でもね、

あっしには淹れてくれるのさ。
とびっきりの珈琲をね。
一杯目はマンデリン。
二杯目はタンザニア。

二十年変わらぬ味と香り。
二十年変わらぬ職人の仕事。

あっしの自慢。

焙煎職人 鈴木政勝の店
「カフェ・ドゥ・ガウディ」

2009_06_04_2319c

2009_06_04_2306c

2009_06_04_2307c

2009_06_04_2305c_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »