« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月19日 (土)

整体と正體術健康法に共通すること

現在普及している整体は、野口晴哉(はるちか)という天才的な施術家が昭和初期に創始したもので、「野口整体」と呼ばれるものです。

それより以前に整体に類するものがなかったかというと、そうではありません。漢方医学や民間医療として面々と受け継がれていたものがありました。漢方医薬を扱う家に育った野口晴哉氏は、そのような伝承を自分なりに集大成したのですが、その中でもある医者が編んだ書籍を参考にしたことは、よく知られていることです。

その書籍は、高橋迪夫(みちお)氏の『正體術健康法』でした。その中で紹介されている「正體術」が現代語訳として以下のように紹介されています(「正体術健康法ブログ」より抜粋)。

■正体術の準備
1、楽々と仰向けに寝て、全身の力を抜いてリラックスします
2、足をそろえたままだんだんに膝を折って、引き寄せていき
3、腿がまっすぐに立って足の平が畳についたら、さらにカカトをお尻にできるだけ近づけます。
4、できるだけゆっくり膝を曲げて、お尻を上げるようにしてひけるだけ腿を胸にひきつけるように曲げます
5、ここで一息ついて
6、静かに膝を下ろしていって、もう少しで足のひらが畳につくというところで、急にカカトに力を入れて畳をすりながら勢いよく踏み伸ばします。

……(途中略)

■正体術
1、 正体術の準備の最後の足を伸ばしたところで、アゴを引き、両側の肩甲骨が後でくっつくようにして、手は十分に伸ばし、手のひらは上に向けて、指はいっぱいに開きます。
2、 足は膝を曲げずに、足の指をいっぱいに開いて十分に反らし、腿に力を入れ足首を甲側にひけるだけひき、お尻にも力が入るようにします。
3、 こうすることで全身の筋肉に力をいれます。体全体が、棒のようになりますが、理想的には、息を殺さず、息だけは普通にして、腹は柔らかいままに保つ。(最初は、腹を柔らかくできませんし息も止めてもよいでしょう)
4、 2、3秒こうしたままで、ピクリとも動かさないでおいて
5、 急に全身の力を一気に抜いてゆるめる。
6、 その後、3~4呼吸くらいの間、普通の呼吸に戻るまで静かにしておく。

ポイント:正体術の完成したポーズでは、腕も脚も床から浮いた状態になります。
<正体術も、寝る前に1度行えば良いのです。>

以上のように、正體術健康法のポイントは体を緩めることです。偏った体を緩めて正常に戻すことです。

ところが、人は歳を重ねる従い環境に適応する能力が高くなり、体を緩めることが下手くそになっていきます。そうして正常な体のバランスを崩してしまうのです。固まった体を緩め、自分の力で体力を回復することが正體術健康法の目的。それは、整体が目指すことと同じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

歌舞伎にすと入門

2009_12_15_5258c 2009_12_15_5257c

2009_12_15_5247c 2009_12_15_5252c

『歌舞伎にすと入門』の著者、辻和子氏はイラストレーター。自由な色使いと気持ちあふれるイラストの人気は高い。文章も気持ちで書く。歌舞伎の舞台や役者への思いが先走り、前置きがなかったり論理的なジャンプも散見するが、そんなことなんてどうでもいいや、といつも押し切られてしまう。魅力ある文章は誰にでも書けるものではない。数年前にも『恋するKABUKI』という本をものにしている。どちらも本でも、好きでなければ描けないディテールまで語り尽くすイラストが歌舞伎の面白さを饒舌に物語っている。彼女のあだ名は「かぶ吉」。無類の歌舞伎好きだ。

今日、出版記念講演会が「江戸東京博物館」にて開かれた。「三十人くらいしかいなかったら、かぶ吉君かわいそうだなあ」と思っていたら、とんでもない間違いだった。四百人を収容する一階の大ホールはびっしりと満席。希望者多数で入場者は抽選となったほど。「松竹衣装」さんが歌舞伎の衣装をお披露目し解説することや、東京新聞主催ということもあったのかもしれぬが、いや、驚いた。

午後1時から始まった公演は、前半に辻和子さんのトークショー、後半に松竹衣装の海老沢孝裕氏のお話という構成。午後4時まで3時間という長丁場だったが、あっという間に過ぎた。

辻さんの入門講座は非常に分かりやすかった。実はプレゼンテーションの練習を何度もして時間を図り準備を重ねたらしい。

講座で印象に強く残ったことは、歌舞伎を観る前に筋立てと役回りを把握しておくのがポイント、ということだった。これは一般的な舞台観劇とはちょっと異なる。筋を読めない展開や変化する役回りによって、ある瞬間から劇場が生き物のように呼吸し始め特異な時空間を演出するのが舞台の大きな役割りでないかと思っている。そのような常識とは異なる、別次元のものとして歌舞伎と向き合うことで、面白さを味わえるようになる、ということらしい。

登壇したお二人は、観てくれがよろしい。好感がもてる。それは重要なこと。人気者にはかなわないのだ。

公演の後のサイン会も長蛇の列。その後、近くの居酒屋で開かれた内輪の会も大いに盛り上がり、一日の幕が閉じた。

「かぶ吉」君はこれからも多くの友人たちを歌舞伎の世界に巻き込んでいくに違いない。

KAZUKO TUJI WEB

『恋するKABUKI』―とってもおしゃれな歌舞伎ワンダーランド

『歌舞伎にすと入門』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

置き去りにされた靴

傾いたまま置き去りにされたブーツを玄関先で発見。しばし座り込む。片足に乗ってるのに転ばないままなんて、この靴はすごい! じゃなくて……。

ほったらかし、行き当たりばったり、傾きっぱなしの自分の人生そのもの。ってほどじゃないけど、「なんだかちゃんとしてないぞ、オレ」という気がした、のだ。というわけで、靴を揃え、以下のブログ記事を完結した。

2009年11月28日 (土) ■DIS+COVERサイエンス創刊発表&記念講演会

2009_12_13_4930c 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

インドカリーの新宿中村屋

20091211_2083c  20091211_2088c

外はずっと冷たい雨が降っていた。夕刻、整体の受講を終え、傘をさし、中野坂上の駅へ歩いていたら、突然、空腹感におそわれた。空腹というよりエネルギー切れだろう。電車に乗ってはみたものの、フラフラしてきた。このままではいかん、と、新宿三丁目で途中下車。地下道をたどり、「新宿中村屋」に走る。ハヤシライスとデザートを注文。デザートのミニ苺パフェは、先日同行したNOBUさんがその容赦ない甘さにギブアップしたいわくつきのデザート。その甘さがエネルギーを絞り取られた体を、おいでおいでと引き寄せたのか……。

甘さ控えめなんて、けしからん、というほどの甘党だが、この苺パフェ、ミニでよかった。ホントに甘い。エネルギー注入には最適。

ちなみに、この日の「新宿中村屋」は満席で、定番のインドカリーよりも中華定食や汁そばを注文する客多し。あっしが食したハヤシライスはもうひとつの定番メニュー。香ばしいデミグラスソースはどこかで食べたことがある懐かしい味で、少し酸味があり食欲をそそる。1400円。お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

情報を仕入れるタイミング

20091210_2031c

今日は晴天。風強く、雲、空を飛ぶ。

午後7時に目黒駅で師匠と待ち合わせ、友人Aちゃん宅を訪問。緑内障で大変なことになっている愛犬まこちゃんを、師匠が整体するのを見学した。一時間ほど子供をあやすように施術しながら師匠がAちゃんを指導する。その後、合流したRUMちゃんと四人で連れだって五反田に移動し、グルジア料理をいただく。グルジアはトルコに隣接するロシア圏の国。やさしい料理だった。

武道整体は今月末で卒業となる。指導は講義と実技、週一回4時間ほど。修行期間は通常二年かかるが、ほぼ一年で終了となる。卒業が早まった原因は、環境が整っていたからだ。マンツーマンの個人指導であったこと、二人ひと組で修得するための相方がすでに修行を終えていた先輩であったこと、週三回ほど行う実技訓練の実験台になってくれる友人たちに恵まれていたこと、家人の協力があったこと、そして毎日の課業を励行する意志が強かったことなどが挙げられる。

このような環境に恵まれたこと以上に、的確な師匠の指導が最も大きな要因であったことは言うまでもない。その中でも、情報の仕入れ方に関して多くを学んだ。まず最初に手渡された教科書について、師匠はこう言われた。

「教科書を知識の塊として暗記しても何の役にも立たない。施術に役立てられるよう文脈を読み解かなければ何の意味もない」

また、関連する書籍を勧められるようになったのは、習い始めて十か月ほどたってからだった。書庫から出してきた本には、東洋医学の原本である「黄帝内経(こうていだいけい)」の 「素問」(そもん)と「霊枢」(れいすう)、「整体」を創始した野口晴哉(のぐちはるちか)や亀井進、橋本敬三の著書があったが、その中から10冊ほどをお借りした。読んでみると、すんなり入ってくる。多分、半年前に手を出していたら、そうはいかなかったに違いない。武道整体と自分自身との距離感がつかめていなければ、情報に振り回されていただろう。

情報を大量に仕入れて事情通になる前にやるべきことがある。知る目的を「知らぬ」ことを武器に考え抜いて判断力を磨くこと。そこを乗り越えることができれば、自分の立ち位置を見失うことなく発言することができるだろう。根本的に世界を変革する基軸を生み出す可能性も高まるに違いない。

この夏からサイエンスの世界に頭を突っ込み始めたが、広すぎて迷子状態が続き困っていた。一か月ほど前にイラストレータの奈良島さんと一緒に見て回った「サイエンス・アゴラ2009」、科学のあり方を根本的に見直すきっかけとなった事業仕分け、伊藤豊雄氏のトークショー、北澤宏一氏の講演会を経て、やっと自分の立ち位置が見えてきた。

情報を発信することはまだできぬが、情報を一気に収集し整理していく段階に入ったことは間違いない。

昼食は「関山」のお弁当。

20091210_2030c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

復活した表参道のイルミネーション

2009_12_02_5199c3

近隣住民の反対運動で中止されていた「表参道のイルミネーション」が今年のクリスマス前から復活した。陸橋の上から原宿への下り坂を撮影。以前と比較すると、光が木の上まで伸びておらず、華やかさに欠ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »