« Art Meets Science | トップページ | 匂いの予感 »

2010年10月16日 (土)

打撃練習

05

秋来たれる羽根木公園グラウンド。ゲームができるほどのメンバーは集まらず、しかたなく打撃練習のみとなった。

野球を観るのがおもしろいのは、ひいきチームが勝ち負けを決するゲームをやってくれるからだ。ゲームには、攻撃と守備を交代するという、日常生活ではありえないルールがある。3つ失敗すると攻撃と守備を交代し、そのチャンスを9回ずつ共有し、勝敗を決する。攻撃されっぱなし、守りっぱなし、ということはない。お互いが攻撃のチャンスを与えあう。攻撃と守備をお互いが同じ回数繰り返す。決められた縛りがあるから、自由と緊張感が産まれ、人は興奮する。野球を実際にやるのが面白いのは、自分がゲームの当事者であり、勝ち負けに酔い、チームメイトとの連帯感を分かち合えるからだ。

そんな興奮を期待するなら、打撃練習は、まったくつまらない、ただの運動に過ぎないように見える。しかし、実はそうではない。打席に立ち、姿勢を整え、ピッチャーが投げる球の軌道を見て、近づいてくる球をどの方向にどう打つかを瞬時に決め、バットを振り、球に当たる瞬間を見極め、打球を目で追う。何度も何度もただひたすら打つ。ゲームの面白さはないが、世界に入り込むと時間を忘れる。

|

« Art Meets Science | トップページ | 匂いの予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49806/49792844

この記事へのトラックバック一覧です: 打撃練習:

« Art Meets Science | トップページ | 匂いの予感 »