パソコン・インターネット

2008年8月 7日 (木)

過去を買い戻すデータ修復

今日、過去を購入した。

先月、三泊四日かけて奈良の世界遺産を見て回った。薬師寺、唐招提寺、法隆寺、東大寺、春日大社などなど、特に日本建築ならではの梁と屋根を撮影するのが主な目的。

とはいえ、ひとつ不安なことがあった。それは、パソコンを持参しなかったこと。これまでの旅行では、持参したパソコンに撮影した写真のデータをその日うちに必ず保存していた。内蔵のハードディスクだけでなく、外付けのハードディスクにも保存。大切なものは、DVDにも焼いて万全を期していた。なにせ電子メディアは信用ならないですから。

今回はいくつかの条件が重なって、パソコンを持参しなかった。写真は仕事に使わない、RAWデータ撮影が必要ない、大容量のコンパクトフラッシュが2枚ある、JPGを最高の画質で撮影しても2,000枚ほど撮れる。ノートパソコンを手放したばかりで、次のマシンが手元に届いてない。そして、もうひとつ。たまには身軽で旅をしたくなったこと。

思えば、旅にパソコンを持参しないのは、初めてのことだった。

旅から帰り、さっそく写真のデータをパソコンに保存しようとしたときのこと。読み込めないデータがある。三分の一ほどもある。メディアのエラーで読み込めない。いろいろ自分で手を尽くしたが、ダメ。あまりのショックに私は、問題のコンパクト・フラッシュを初期化することもできず、引出しの隅に追いやり、見たくない存在の塊として処理していた。

先日、問題のひと月ほどたったある日、ブラウザを見ていたら、何を思い立ったか「データ復旧」と検索ボックスに打ち込み、検索をしていた。

たくさんあるもんだ、データ復旧サービス。数社を比較。どこも似たような条件のようだ。試しにある会社にメールを出して質問してみると、データ復旧の可能性が高い、という返事がきた。検査と見積もりまでは無料というので、問題のコンパクト・フラッシュを送付し、検査してもらうことにした。送付して二日後、「全てのデータが復旧可能です」というメールが届いた。

「よっしゃあ! あの写真たちが帰ってくるのかあ」

と、一瞬、涙ぐむ。復旧料金は4万円ほど。今回の過去の買い物は高いか、安いか。失われた過去を買い戻せると思えば、安いものかもしれません。それより、危険を察知したら、新しいメディアの買い替えどきと判断すべきなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ログアウトしない人

独り言……

ウェブもブログもmixiもつなぎっぱなしなんだけど、何か問題あるかなあ? 使うときしか見てないけど。パソコンの向こう側に、どでかいデータベースの塊とか、ネットワークにつながっている人たちがいて、そこにいつもつながってる感触が、なんか心地いいんだよねえ。パソコンの電源を落とすことも、一か月に一度くらいだし。電源落とす前にログアウトしてないし。ちょっと異常な使い方なんでしょうかねえ。なんというか貧乏性なんでしょ、きっと。音響カプラーつないで、ピーヒョロピーヒョロいわせながら通信やってた頃のこと思うと、つなぎっぱなしという環境ってとてもぜい沢。あの頃って、ダウンロードされる文字を追って読んでましたからね。って、比べる時代が違いすぎるぜ……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

日本語表記

 このブログで設定をちょっと変更した。「コメントを書き込もうとしても、【Preview】とか【Post】とか、英語のボタンじゃ分かりづらいよお」と言われたからだ。そこで、ボタンの表記を日本語に変更した。
 ボタンを日本語表記に変更するには、試行錯誤が必要だった。なぜなら、「ボタンを日本語で表記する」という設定項目がないからだ。
 いろいろ探したあげく、それらしき項目をやっと見つけた。「記事内のリンク、日付、およびヘッダーに使う言語を指定します。」という項目が英語になっていたからだ。ここが影響しているのかも、と狙いを定め、日本語に変更してみた。すると、リンクや日付だけでなく、ボタンの表示も変わった。【Preview】は【確認】に、【Post】は【送信】というボタンに変更されていた。
 このブログでコメント欄に文字を書き込もうとすると、文字化けしてしまう場合があった。ひょっとしたら、今回の変更で文字化けの問題も解消されるかもしれない。根拠が薄くても期待してしまうココログの設定は、おもはゆい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

バックアップその後

_MG_5796c

■湯漬けを朝から喰らう。おひつご飯を茶碗に盛り湯を注ぐと、米の香りがパアっと広がる。米を味わうなら茶漬けはご法度だ。しかし、美味にひたっていると、しっぺ返しを食らう。梅干ひとつ入れる手間を惜しむべからず、ということか。

_MG_5797c

■パソコンのハードディスクが壊れ、データを復活できなくたって大したことない、と、たかをくくっていたのだが、予想以上にダメージは大きかった。
■電子化したデータの中に記憶を残そうとする習慣は変わらない。もう二度と戻ってこないであろう記憶を思い起こす未練を捨て、生ものと塩漬けするものを区分けし、データのバックアップをとらざるをえない仕組みをつくろうと、この一週間ほどあくせくしてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

修復不能HD

d_MG_5707

■昨日、何の前触れもなくデスクランプの電球が切れました。電球をのぞくと、切れたフィラメントが悲しそうに見えました。

■先日、何の前触れもなく逝ってしまったハードディスク君は、自分の異常に気がついていたのでしょうか。異常を知りつつ悲鳴をあげる手だてもなく、悶々とした日々を送っていたのかもしれません。もし、そうだとすると、つらい思いをさせてしまい、不憫でなりません。

「あれっ何で止まるわけ?」

と、彼自身にとっても突然のできごとであったと思いたい。一瞬のうちに逝ってしまったことを祈るばかりです。どうせ切れるなら…。

■結局、壊れたハードディスク君を救うことはできませんでした。異物混入による不具合という検査結果は、ハードディスクを復旧する作業へ向かわせることができず、一年間あった保障期間内にも関わらず有償で新しいハードディスクへ交換されました。
■不注意で長期間バックアップをとっていなかったデータはすべて消えました。とはいえ、幸いなことに、仕事に大きな支障はありません。執筆したデータは消えましたが、そのデータは次の工程を進めたスタッフのPCに移されていましたからね。
■ただ、失ったものも大きいです。
■一番残念だったのは、年末から三ヶ月間ほど撮りためていた写真です。整理してアルバムをいくつか作り、ウェブにアップする矢先だっただけに、友人たちに義理をつくせず残念でなりません。男の料理を細かく書き残してきた記録や、ガウディに関する書籍について書いた20冊分の書評なども書き直し。
■困っているのは、カレンダーを注文してくれた顧客データベースや、少しこじれてしまった関係を修復しようと整理していた友人とのメールや、会員番号やパスワードを記した重要事項ファイルがなくなってしまったことでしょうか。
■ハードディスクが新しくなったPCが今日、届きます。アプリケーションをインストールしたり、メールのアカウントを設定したり、今日は丸一日、PCの環境設定で暮れそうです。

■今回、対応してくれたVAIOサポートには総じて感謝していますが、心ない言葉を発しなければ対応できない担当者を気の毒に思い、組織的な責任回避システムが完備されている企業に対して大きな信頼感を感じた反面、少なからず失望しました。

■とはいえ、得たものも大きいです。これまでバックアップを取ってきたデータがあるので、なんとか先に進むことができますし、これを機会にいろいろと、仕事もプライベートも、動き方を変える決断ができましたからね。

d_MG_5701

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

売れる秘密

IMG_5751d 好きなものが増殖しているウッドテーブル

■最近、テレビで宣伝しているノートパソコンは、ソニーのバイオだけだ。それも「VAIO Fシリーズ」ばかり。不思議だ。調べてみると、Fシリーズは確かによく売れている。売りは「slim and flat」だったかな。画面は広く、本体は薄く、軽量。とはいえ、Fシリーズはけっこう割高な製品である。なぜ、売れるのか
■三週間ほど前、諸般の事情からA4サイズのノートパソコンをすぐに購入することが必要となり、新宿のヨドバシカメラ本店に走った。各社から新しく発売された春の新製品がズラリと並んでいる。A4サイズに絞って物色すると、画面の解像度がどれも「1,024×768ピクセル」(XGA)のものばかり。このサイズだと、ウェブデザインや写真の画像処理をするときに支障が出てしまう。縦サイズが800ピクセルはないと困るのだ。できれば、UXGA(1,600×1,200)に対応した機種がほしかったのだ。しかし、UXGAに対応した機種は、A4サイズより小さいB5サイズにはあったが、A4サイズにはなかった。メーカー各社がコストを優先する事情は理解できるが、もう一歩突っ込んで利用者に提供しようとする“愛”が不足している気がした。ちょっと悲しいぞ。
■しかたなく、今回はやめようと思っていた割高ソニーのVAIOシリーズを見る。A4サイズに相当するのはFシリーズ。パッと見、画面がやけに広く、ゆったりとした感じがする。スペックを確かめると、Fシリーズの画面解像度は「1,680×1050ピクセル」と「1,280×800ピクセル」の2種類で規格外。明らかに他の製品とは異質だ。
■それから二時間ほど、店員を質問攻めした挙げ句、Fシリーズを購入したのだった。別れしなに名刺をもらうと、その店員はソニーから派遣されている社員だった。まんまとしてやられた感もあったが、今となっては、Fシリーズにはそれなりに満足している。
■画面の縦横比を計算すると1.6。黄金分割の縦横比(1.618)に限りなく近い。それに気がついたのは、つい先日のこと。黄金比の画面を認識して購入したわけではない。これまでは、4対3(1.333)という縦横比をした通常の画面しか使ったことがなかったから、ひょっとしたら、パソコンとの付き合い方が少し変わるかもしれない。この三週間、黄金分割に近い画面をながめながら、ちょっとだけ期待している。
■VAIO Fシリーズが売れている理由にのひとつは、誰もおおっぴらには言わないが、黄金分割を意識した画面サイズがボディブローのように効いていることは間違いない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年2月 2日 (水)

胴体着陸あと何日

050125c
■パソコンを起動すると、毎回、この画面が表示されるようになった。「ハードディスクが壊れてるからバックアッを取り、ディスクを取り替えなさい」という最後通告メッセージだ。
■コンピュータの不具合に慣れてはいても、この画面が初めて表示されたときは、ギョッとした。F2キーを押し、設定画面でいろいろと操作しても、もう変更がきかない最悪の状態。仕方ないので、Escキーを押して設定をやめEnterキーを押し、Windowsを起動する。なんて操作、手馴れてないとビビるよね。そんな操作を繰り返すこと一週間。仕事が途切れないのでしかたなく、この状態のままパソコンを毎日、だましだまし使っているが、いつお釈迦になっても不思議はない。
■作成したデータは、外付けのハードディスクに頻繁に保存しているが、面倒きわまりなしだ。問題の今こうして使っているマシンは一日も早く修理に出し、別のパソコンで仕事を続けるべきだろう。毎日の胴体着陸は危険すぎる。でも、そんな危険な状態がけっこう楽しかったりもするんだよね。悪い癖だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EOS10Dが去った

■一年使ったEOSD60を中古市場で売り、EOS10Dを購入したのは、一年半前。差額はほぼ0円。そして先日、EOS10Dを売っぱらい、EOS20Dを購入した。差額は約12万円。
■思うに、EOS10Dという製品は微妙な存在だった。現在、キヤノンの公式ウェブサイトではあつかいが薄い。リストからも消え去っている。確かに社会のニーズは大きく変化し、技術も進化した。とはいえ、この製品が開発途上の試作品でしたよと、これほどあからさまに宣言することもなかろう。この製品の立場なし。悲しくなる。
■とすれば、EOS10Dから20Dへの移行を、メーカーは実費のみの差額なしとまではいかなくても、ほんの数万円ほどで実施し、ユーザーを保護しても良かったのではないか、と思う。う~む、納得がいかない。
■とはいえ、EOS20Dは上位機種との位置づけを考慮すると、コストパフォーマンスが非常に高い、素晴らしい製品だ。撮影品質はもとより、フラッシュの位置やシャッター音にも改良が加えられている。差額10万円ちょっとはお得なのかもしれない。
■でもね、EOS10D君、ボクは君のこと忘れないよ。5万枚ほど撮影させてもらったからね。…と言っておきながら、なんだが、デジタル一眼レフで撮影する枚数としては、実は多いわけじゃないんだよね。やっぱり、悲しい出会いだったのかもしれないね。でも、忘れないぜ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2004年10月20日 (水)

昨今のWeb事情に感謝

10月14日(木)のお話

諸般の事情により明日の金曜日から北海道に出張できるかどうか定かでなく、飛行機もホテルも予約していなかった。しかし、行かねばならぬ。

諸般の事情をなんとか収拾し、予約を始めたのはもう深夜に近かった。まず飛行機を予約。各航空会社の飛行機の機種を確かめ、少し広めの座席をできるだけ安価で予約するために、空席を確認し往復でチケットを購入す。問題はホテルだった。札幌の金曜日はどこのホテルも満室状態。しかし正規料金でホテルを利用するのも面白くない。よくよく調べてみると高額の老舗ホテルだけに空き室があり、Webで予約すると半額以下で利用できることがわかった。申し訳ないほど安価な宿泊料金に驚く。しかも前日でも予約OKなのだ。最近のWeb事情の進歩もさることながら、老舗ホテルも背に腹はかえられないのだろう。

ひとつだけ心残りなのは夕方の電話だった。「牡蠣ご飯を今日から始めますけどぉ。五島列島から鯖も届いてますよ」と『椿』の女将からの甘いお誘いに応えられなかったこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)